統合失調症の検査紹介

血液検査。CT・MRI。尿検査。プレパルスインヒビションテスト。

  • S 更新日:2014/04/10

view300

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 検査その1.「血液検査」

  • 血液検査

  • 血液検査では、看護婦および看護師による患者の血液採取にはじまり、規模の小さな開業医であれば検査結果を外部委託することになる。このことは患者が薬物投与により肝機能の衰えなど(ALT:GPTなど)の副作用を検査するためである。
    出典 :統合失調症 - Wikipedia
     

    以下に続きます。

  • 通常であらば3か月程度の間隔で行われると同時に、電解質の異常や糖尿病の形跡、低血糖症、栄養失調の診断にも生かされ、より正確な診断がなされる。外部委託先にビタミンやミネラル類の検査項目も追加できるが、そのような依頼は極まれである。
    出典 :統合失調症 - Wikipedia
     

    上記の続きです。

  • 検査その2.「CT・MRI」

  • CT・MRI

     

    図の写真は、CT・MRIの際に使用される機械です。

  • CT・MRIにて、側頭葉・頭頂葉の灰白質の体積の減少を認める。白質の体積は減少していない。脳体積の減少は長期的な話である。人と人との間でも脳体積は少なくとも10%は異なるため、一度の体積測定で判定することはできない。また、抗精神病薬が脳体積を減少させることも知られている。
    出典 :統合失調症 - Wikipedia
     

    CT・MRIも、検査の1つです。

  • 検査その3.「尿検査」

  • 国内の精神科において尿検査を行うことはない。ピロール尿症におけるクリプトピロールや違法薬物の痕跡を調査することができるが、臨床試験的に尿を検査することがごく稀にある。生化学研究設備があればクリプトピロールなどの化学物質を判別できるが、そのような精神医学は国内には存在しない。
    出典 :統合失調症 - Wikipedia
     

    こちらも、検査の1つになります。

  • 「発症早期の治療」に焦点をあてている、対象が限定された診療・検査。

  • 「発症早期の治療」に焦点をあてているため、原則として、まだ精神科の病院やクリニックに受診したことのない方や治療を開始して間もない方(1~2年以内)が対象です。初診において十分な面接の後、診断や治療方針確定の参考とするために、脳画像検査、心理検査などを行います。身体的状況、生活習慣も治療の選択に大きな影響があります。
    出典 :統合失調症早期診断・治療センター|独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 病院
     

    総合的な身体評価も行います。その結果を後で説明して、一緒に治療方針について話し合って決めていくようです。

  • 以下は、可能な検査一覧です。

  • 一般身体所見:身長、体重、腹囲、BMI(body mass index) 、神経学的検査
    一般的な臨床検査:血液検査、心電図
    脳画像検査:MRI
    脳機能検査:脳波
    出典 :統合失調症早期診断・治療センター|独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 病院
     

    以下に続きます。

  • 診断補助検査:光トポグラフィ検査(NIRS)
    臨床症状評価尺度:陽性・陰性症状評価尺度(PANSS; Positive and Negative Syndrome Scale) 、簡易精神症状評価尺度(BPRS; Brief Psychiatric Rating Scale)
    出典 :統合失調症早期診断・治療センター|独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 病院
     

    以下に続きます。

  • 認知機能評価尺度:統合失調症認知機能簡易評価尺度日本語版(BACS-J; Brief Assessment of Cognitive function in Schizophrenia Japanese version)
    副作用評価尺度:薬原性錐体外路症状評価尺度(DIEPSS; Drug Induced Extra-Pyramidal Symptoms Scale)
    出典 :統合失調症早期診断・治療センター|独立行政法人 国立精神・神経医療研究センター 病院
     

    以上が、検査内容の一覧です。

  • プレパルスインヒビションテスト

  • 統合失調症患者さんは動作のスピードが低下し、器用な動作も苦手である人が多いことも知られています。「線引きテスト」という簡単な運動テストを行うと、患者さんは器用さや運動スピードが低下しており、視覚と運動を協調させて働かせることも苦手であることがわかります
    出典 :疾病3部-脳科学的検査-研究成果紹介1