「巨赤芽球性貧血」ってどんな貧血!?

「巨赤芽球性貧血」ってあまり耳にしないですよね・・・
いったいどんな貧血なのでしょうか???

view225

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 巨赤芽球性貧血

  • 巨赤芽球性貧血とは

     

    細胞の分裂に必要なビタミンB12または葉酸の不足によって
    血球細胞が成熟することができないために引き起こる貧血☆
    このようなビタミンB12または葉酸の欠乏状態では
    特徴的な巨赤芽球がみられることから
    巨赤芽球性貧血といわれているそうなのです!

  • 原因

  • 巨赤芽球性貧血の原因となる体内でのビタミンB12または葉酸の欠乏状態は、普通の食生活では起こることはほぼありません。そのため、ビタミンB12または葉酸が欠乏するのは、食生活以外の何らかの原因があります。
    出典 :巨赤芽球性貧血(症状/検査/原因/治療)
     

    ビタミンB12が欠乏するのですね

  • ビタミンB12の摂取不良・吸収障害および葉酸の摂取不足・吸収障害・需要増大など多岐にわたります。このうち、自己免疫によって胃粘膜の萎縮(いしゅく)が生じ(胃壁細胞抗体)、内因子の分泌が低下し(内因子抗体)、ビタミンB12の吸収障害が起こったものを悪性貧血といいます。
    出典 :巨赤芽球性貧血 - goo ヘルスケア
  • 葉酸やビタミンB12が不足することで、DNA合成の障害となり、核のDNA分割能力が低下します。
    出典 :巨赤芽球性貧血 / 血液・造血器の病気
  • 症状

  • 貧血症状の動悸、息切れ、疲れやすい、立ちくらみなどの症状の他に、黄疸、舌炎、下肢のしびれなどが見られます。
    出典 :巨赤芽球性貧血(症状/検査/原因/治療)
     

    しびれまで出るのですね

  • ビタミンB12の欠乏では、四肢のしびれなどの知覚障害と歩行障害などの運動失調(亜急性連合脊髄変性症(あきゅうせいれんごうせきずいへんせいしょう))や興奮、軽い意識混濁などの精神障害を来すこともあります。
    出典 :巨赤芽球性貧血 - goo ヘルスケア
     

    意識混濁はとってもこわいですね
    欠乏しないように食事でもとっておきたい所になるでしょう☆

  • 赤芽球性貧血の症状としては、全身倦怠感や脱力感などの貧血症状に加えて、ビタミンB12の欠乏による「悪性貧血」の場合萎縮性胃炎や無酸症(胃液に塩酸がほとんど含まれない症状のこと)などの胃に関する症状、四肢のしびれ、舌の発赤・乳頭萎縮などを引き起こします。
    出典 :巨赤芽球性貧血 / 血液・造血器の病気
  • 治療法

  • 巨赤芽性球性貧血を引き起こす原因となる病気などを見つけて、それを治療することが大切です。なお、ビタミンB12が欠乏している場合はビタミンB12の筋肉注射を行い、葉酸の場合は内服薬で治療します。
    出典 :巨赤芽球性貧血(症状/検査/原因/治療)
     

    葉酸のサプリメントを使う人も出てきそうな気がしますね

  • ビタミンB12を注射か点滴で、最初の2週間は連日(または週2〜3回)投与し、そののち維持療法として2〜3カ月に1回投与しますが、最近では経口投与の有効性も報告されています。根本的に治すことができないため、終生にわたって定期的な補充が必要ですが、補充することにより症状の改善は可能で、予後は良好です。
    出典 :巨赤芽球性貧血 - goo ヘルスケア
  • 巨赤芽球性貧血は胃ガンが原因となっていることもありますので、胃ガンの早期発見が重要になります。
    出典 :巨赤芽球性貧血 / 血液・造血器の病気
  • 癌が原因になっている

     

    癌が原因になっているので
    やっぱり注意しておかなくてはいけないですね