医療費控除と不妊治療 医療費控除を受けるには?

体外受精や顕微授精をすると自治体から助成金が支給されます。しかし、不妊治療は高額なため、それでは到底賄えません。自費で支払った分に、医療費控除は申請できるのでしょうか?

view161

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 各都道府県の自治体から助成金が受け取れる不妊治療。この不妊治療自体は大した金額ではなくても、それにかかる交通費、検査代、受精にかかる準備費用、1度で妊娠できればいいが、何度も繰り返すたびにかかる費用があります。体外受精の場合、一度に何個も受精卵ができた場合、複数個体内に戻すには、また費用がかさみます。毎週の注射料金もかさみます。
    不妊治療はお金がかかるのです。

  • 医療費控除

  • 自己、または配偶者が医療費を支払った場合、一定の金額の所得控除を受けることができます。これを医療費控除といいます。

  • 医療費控除の対象となる医療費の要件

  • 1、納税者が自己、または配偶者やその他親族のために支払った医療費であること。
    2、その年の1月1日から12月31日までに支払った医療費であること。

  • 医療費控除の対象になる金額

  • 対象となるのは、次の式で出た金額(最高200万までです。)

  • (実際に支払った医療費の合計額-(1)の金額)-(2)の金額
    (1) 保険金などで補てんされる金額
    (例) 生命保険の入院費給付金や高額療養費・家族療養費・出産育児一時金など
    (2) 10万円
    出典 :No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁
     

    (1)(注) 保険金などで補てんされる金額は、その給付の目的となった医療費の金額を限度として差し引きますので、引ききれない金額が生じた場合であっても他の医療費からは差し引きません。
    (2) (注)その年の総所得金額等が200万円未満の人は、総所得金額等5%の金額

  • 不妊治療の医療費控除

  • 不妊 治療も含めた医療費 控除をしたからといって、不妊 治療も含めた医療費が全額戻ってくるわけではない。不妊 治療も含めた医療費 控除は、所得税の一部が戻ってくるので注意したい。だから、極端な話、所得税を払っていないなら、不妊 治療も含めた医療費 控除をしても、所得税は戻ってこない。
    出典 :医療費 控除 不妊 治療 申請の時の注意事項
  • 不妊 治療 助成金をもらっても、不妊 治療の医療費で必要になるお金を考えれば、大半の人が、不妊 治療も含めた医療費 控除を確定申告できるだろう。領収書などしっかり保存し、交通機関の利用のメモなども準備して、不妊 治療も含めた医療費 控除を行ってほしい。
    出典 :不妊 治療の医療費 控除と不妊 治療 助成金: 医療費 控除 不妊 治療 申請の時の注意事項
  •  

    領収証はきちんと保存しておきましょう

  • 質問
    確定申告時に、不妊治療費は医療費控除の対象になるのでしょうか? 婦人科系の疾患による不妊の場合のその疾患の治療は対象になるように思うのですが。また健常な夫婦の体外受精費はどうでしょうか。
    出典 :不妊治療は医療費控除の対象になるのでしょうか? - その他(税金) - 教えて!goo
     

    答え
    夫婦共に不妊原因不明で体外受精をしています。
    年間の治療費プラス交通費で約100万円近くなりますが、医療費控除を受けていますよ。病院での医療費の他にも鍼灸(婦人疾患治療の名目で)治療も対象になりましたし、採卵当日の帰宅に使ったタクシー代も認められました(一応、手術だから?)

    とのこと。

  • 医療費控除を受けるには

  • 医療費控除に関する事項を記載した確定申告書を所轄税務署長に対して提出してください。医療費の支出を証明する書類、例えば領収書などについては、確定申告書に添付するか、確定申告書を提出する際に提示してください。また、給与所得のある方は、このほかに給与所得の源泉徴収票(原本)も添付してください。
    出典 :No.1120 医療費を支払ったとき(医療費控除)|所得税|国税庁
     

    確定申告で、支払った所得税の中から控除されます。

  •  

    一般的に医療費控除に該当するものとしないものをまとめたものです。
    不妊治療も「治療」が目的ですから、医療費控除の対象になります。