正しい避妊の方法と知識を身につけましょう。

望まない妊娠を避けるためにも事前に避妊を行う事は大切です。
避妊にはいくつかの方法があり、確実に避妊できる確率も変わってきます。
どの程度の確率で避妊したいかの状況によって自分に合った方法を選択しましょう。

view168

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 40~50歳代も、実は中絶の割合が高い

  • あなたは正しい避妊法を知っていますか? 年間100万人の赤ちゃんが生まれている一方で、約20万件の中絶が行われています。中絶の絶対数は20~30歳代の女性が多いのですが、中絶の割合で見ると若者だけではなく、40~50歳代も中絶率が高くなっています。
    出典 :確実な避妊法を知っていますか? - goo ヘルスケア
     

    高齢で妊娠してしまし、中絶を選ぶ女性は年々増加傾向にあります。

  • また、どの世代であってもコンドームが破れた結果の中絶が結構多くなっています。コンドームの避妊効果は不確実であることがあまり認識されていないようです。
    出典 :確実な避妊法を知っていますか? - goo ヘルスケア
     

    コンドームを過信するのは実は誤った知識といえます

  • 2010年の中絶の件数を世代別の統計

     

    10代が非常に大きい割合を占めていますが、40代からも増加傾向にある事がわかります。

  • 生理があって、セックスをすれば、常に妊娠の可能性があることを忘れてはいけません。大人の妊娠は、10代の早すぎる妊娠とは抱える課題が異なります。子どもの教育費のこと、女性自身のキャリア形成などといったそれぞれの事情もありますから、正しい避妊の知識を持つことは大事です。
    出典 :確実な避妊法を知っていますか? - goo ヘルスケア
  • どの程度妊娠を避けたいのかによって違う避妊法

  • 避妊法を選ぶときまず考えなくてはいけないこと、それはどの程度まで妊娠を避けたいのかということです。絶対に妊娠したくないのか、もし妊娠してしまったら産むつもりでいるのか、現在の自分の許容範囲をまず考えましょう。
    出典 :確実な避妊法を知っていますか? - goo ヘルスケア
     

    絶対に妊娠したくない場合は、確実な避妊方法を選択する必要があります。

  • セックスは身近なことなのに、妊娠や避妊に関しては学校教育で扱わないし、親もちゃんと教育できないからでしょうか。しかし、命に直結することですから、しっかりとした知識を付けてもらいたいですね。
    出典 :確実な避妊法を知っていますか? - goo ヘルスケア
  • 【各種避妊法の理想的な使用による失敗率】

     

    ( )内は一般的な使用の場合
    ・低用量ピル……………………0.1% (5%)
    ・薬物添加IUS…………………0.1% (0.1%)
    ・コンドーム…………… ………3% (14%)
    ・オギノ式(基礎体温法)………1~9% (25%)
    ・緊急避妊ピル…………………3%
    ・避妊せず(妊娠希望)…………85%

     ※使用開始後1年間のデータ
     ※一般的な使用とは、例えばピルの飲み忘れや、コンドームを射精後すぐに抜かず腟内に抜け落ちた場合などを含む。

  • ピルは正しく服用すれば確率の高い避妊効果が期待できます。

  • コンドームを正しく使っても、避妊の失敗率は1年間でおよそ2%になります。手順をおろそかにすれば失敗率は15%まで上昇し、これでは避妊方法としての役割を果たせません。
    出典 :OCによる避妊のしくみ|避妊情報サイト あなたが選ぶ避妊スタイル|MSD
     

    避妊具の定番であるコンドームは、完全に信頼できる避妊率とはいい難いのです

  • 一方で、飲み忘れさえなければ、ピル(低用量経口避妊薬)の失敗率は1年間で0.3%です。ピルはエストロゲンとプロゲステロンの働きによって、排卵そのものを止めてしまうため、このように高い効果が得られるのです。
    出典 :「ピルを飲むと長生きできる」研究で判明した驚きの結果- 最新ニュース|MSN トピックス
  • 卵胞ホルモンと黄体ホルモンが含まれた薬をのんで、排卵を抑制することで避妊します。 きちんと服用していれば避妊効果は高く、もっとも避妊効果の高い方法の一つといえるでしょう。
    しかし、残念ながら日本ではOC(低用量ピル)の利用率は、欧米諸国に比べ格段に低いのが現状です。
    出典 :OC(低用量経口避妊薬)|避妊情報サイト あなたが選ぶ避妊スタイル|MSD
  • 経口避妊薬は1960年にアメリカで初めて発売されました。

     

    当時はホルモン量の多い高用量ピルが使われていました。
    その後ホルモン量を減らした中用量、1970年以降は低用量ピル(OC)へと改良されました。
    現在、日本で使用できるのは、低用量ピル(OC)です。
    ※OC(低用量経口避妊薬)は一般に低用量ピルとも呼ばれています。

    OCは婦人科などの病院・診療所で処方してもらう必要があります。

  • ピルを使うのはちょっとハードルが高い、という人もいることでしょう。実際のところ、アメリカでは1960年に承認されたピルが、日本で初めて発売されたのは1999年の9月のことでした。
    出典 :「ピルを飲むと長生きできる」研究で判明した驚きの結果- 最新ニュース|MSN トピックス
  • 日本では欧米と比べてピルの使用率はとても低いというのが現状です。
    まずは正しい避妊の知識を理解する事が大切といえそうです。