知っておきたい!耳鳴りや聴覚過敏の対処法!

耳鳴りや聴覚過敏というのは同時に起こりやすい症状として知られています。
どちらも、耳に影響する症状のため、同時に発症すると精神的な負担も大きく、辛いものです。

そんな時にどう対処したらよいのかを紹介していきましょう。

view93

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 耳鳴りと聴覚過敏の症状

  •  

    耳鳴りや聴覚過敏の症状は精神的に負担が大きく辛い症状です。

  • 一般的に「耳鳴り」と聞くと、
    突然ピーやキーンといった音が聞こえてきて、数秒したら消えていく。

    そんなイメージがあることでしょう。

    また、これくらいの耳鳴りであれば、
    経験されたことがある方は、非常に多いことと思います。
    出典 :耳鳴り症状。音の種類について
     

    耳鳴りの症状としてはこれが最も多くなっています。

  • 聴覚過敏症(oxyecomia)は教科書的には『ある程度以上に大きな音に
    対して感受性が異常に高まって不快を覚える状態』と定義されています
    出典 :��@���o�ߕq��
  •  

    どちらも頻繁に症状を感じると精神的に追い込まれてしまうケースがあります。

  • 同時に起こる耳鳴りと聴覚過敏

  • 耳鳴りと聴覚過敏は多くの人が同時に発症しているようです。

  • 耳鳴りの人の約70%で聴覚過敏があるともいわれています。「聴覚過敏」とは、さほど大きくない音をとてもうるさい音と感じてしまう現象です。

    耳鳴りも聴覚過敏も脳の神経活動が過敏であるために起こると考えられています。両者の違いは、耳鳴りが「自分の耳からの音に敏感である」のに対し、聴覚過敏は「外部の音に対して敏感になる」ということです。
    出典 :耳鳴りと難聴の関係はあるの? [難聴・耳鳴り・耳閉感] All About
  • また、耳鳴りと聴覚過敏を同時に発症している人は、脳過敏症候群という病気かもしれません。

  • 脳過敏症候群?? 多分初めて聞く言葉だと思います。

      特長は原因不明の耳鳴り(頭鳴)・めまい・不眠・頭重感・イライラに悩まされる病気です。

      特長的な共通点は、病院を転々とハシゴして検査をしてもどこにも異常が無く、耳鳴り治療しても
      一向に改善しない事です。

      原因不明の耳鳴り治療に脳過敏症候群が注目されています。
    出典 :耳鳴りは過敏症候群の可能性もあります
     

    耳鳴りや聴覚過敏に加えて他に上記の症状もあった場合は脳過敏症候群を疑った方が良さそうです。

  • 耳鳴りと聴覚過敏が同時に発症した時の対処法

  •  

    まず、気を付けて欲しいことは、聴覚過敏だからといって、耳栓などをしないことです。

    聴覚過敏の一番の治療法というのは音を聴くという治療法なんです。

  •  

    また、その聴覚過敏と耳鳴りの治療法として耳鳴再訓練療法(TRT)という方法があります。

    この方法は、耳鳴りをしないようにするのではなく、音に順応させるのを目的として治療法です。

  • 続いては脳過敏症候群の対処法です。

  •  

    脳過敏症候群の原因は、片頭痛を治療せずに放置していたことによって発症する場合がほとんどです。

    片頭痛に悩まされている場合は、放置せずに病院で早期に治療をし、芽を摘んでおくことが重要です。

  • 耳鳴りや聴覚過敏の症状は、自力で改善するのが難しい症状です。

    その為、早期に病院の診察を受け、適切な治療を受けるのがこの症状を改善させる最良の方法です。