不育症について、どんな症状なんでしょうか?

不育症とはどんな症状なのでしょうか??また、検査の仕方、原因などまとめてみました。

  • kei 更新日:2014/08/07

view65

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 不育症とは?

  • 不育症とはどんな症状なのでしょうか?

  • 妊娠は可能だが、流産や死産を繰り返し生児を得ることができない病態や症候群のことである。不妊症とは異なり、習慣流産と同義で使われることがある。
    出典 :不育症 - Wikipedia
  • 習慣流産とは「3回以上の自然流産を繰り返すもの」と定義されます。不育症はしばしば同意語として扱われますが、もうすこし広い概念で、「反復して妊娠はするが、その妊娠を完遂できず、流産や早産、死産などで健常な生児に恵まれない状態」を示します。
    出典 :習慣流産・不育症| 遺伝的要因による疾患 - Yahoo!ヘルスケア
     

    習慣流産と少しだけ違うようです。

  • 不育症の原因はなんでしょうか?

  •  

    グラフをみると半数以上が原因不明です。

  • 原因が受精卵、つまり胎児にある場合と、母体にある場合があります。流産の大部分は胎児が問題で発生しています。流産した胎児及び胎盤の染色体検査を行うと、60~80%に染色体異常が認められます。
    受精時には胎児の40%近くに染色体異常がみられても、分娩時にはそれが0.6%となります。
    出典 :不育症
     

    流産になってしまう原因

  • つまり、受精時に40%近くあった染色体異常の赤ちゃんはほとんどが流産というかたちで妊娠を終了してしまうのです。流産には母体に原因がある場合もあります。母体要因がない女性は妊娠を繰り返すうちに出産に成功し、何らかの母体要因がある女性だけが残っていくために母体要因による流産が増えていくわけです。
    出典 :不育症
     

    原因は定かではないようです。

  •  

    では、治療方法はどうでしょうか?どのような治療方法をおこなうのでしょうか?

  • 治療のタイミングはどうでしょうか?

  • 子どもがいる場合でも、流産・死産、早期新生児死亡を繰り返す場合は、不育症に準じて原因精査を行ってもよいとされています。
    出典 :(9)不育症 - 山陽新聞社 - 岡山医療ガイド
     

    不安であればすぐに相談をしましょう。

  • 不育症を治療する上では不育症に関する専門医が少ないことが問題となり、十分な検査・治療が行われていないケースや不必要な治療が行われているケースもあることから、必要な検査を行った上で治療に当たることが大切です。
    出典 :(9)不育症 - 山陽新聞社 - 岡山医療ガイド
     

    専門医が少ないのですね・・・

  • 原因が判明すればそれに応じた治療を選択します。 抗こうリン 脂質抗体ししつこうたい症候群などの免疫学的異常に対しては、ヘパリンやアスピリンなどの抗凝固薬による血栓予防を、子宮奇形に対しては外科的手術療法を行います。
    出典 :習慣流産・不育症| 遺伝的要因による疾患 - Yahoo!ヘルスケア
     

    原因が分かる場合はス比較的早く治療にうつれるようです。

  • 原因不明のものに対しては、夫のリンパ球を培養して妻に皮下接種する夫リンパ球免疫療法や、 γガンマグロブリン大量療法などが試みられていますが、これらの有効性についてはまだ確立されたものではありません。
    出典 :習慣流産・不育症| 遺伝的要因による疾患 - Yahoo!ヘルスケア
  • カウンセリングのみはほとんどが原因不明例ですが、良好な治療成績であることが判ります。このように決して悲観的にならずに、検査を行ない、治療を受けて下さい。
    出典 :治療成績/不育症研究-不育症治療に関する再評価と新たなる治療法の開発に関する研究-
     

    じっくりとカウンセリングと検査を受けて、医師と相談しながらあきらめずにがんばりましょう。