女性なら知っておきたい月経痛の原因

女性なら是非知っておきたいのが、月経痛の原因です。毎月痛みがあるという方は参考にしてみて下さい。

view139

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 月経痛の原因

  • プロスタグランジンという子宮を収縮させる物質が痛みの原因だといわれています。

  • 厚くなった子宮内膜へ受精卵が着床するとそのまま妊娠しますが、着床しなかった場合には子宮内膜が役目を終えてはがれ落ち、血液とともに体外に排出されます。このとき、プロスタグランジン(痛みのもと)という物質が分泌され、子宮の収縮を促します。
    出典 :月経痛(生理痛)の原因|からだの症状|くすりと健康の情報局
     

    妊娠しなければ自然に起こる現象です。

  • 泣きながらのた打ち回ったり、床を叩いたり、自分を叩いたり、少しでも気を紛らわそうとする事もあります。
    痛みのあまり気絶することもあるし、救急車が必要なこともあります。
    鎮痛剤を飲んでも効かないこともあります。
    出典 :なぜ女性は、生理や生理痛を甘えの理由にするのでしょうか? 体が辛いから甘えたい... - Yahoo!知恵袋
     

    本当に月経痛が酷い人は辛いですよね。

  • 病気がないなら機能性月経困難症

  • 婦人科系の病気がないのに月経痛が酷い場合は、機能性月経困難症と呼びます。

  • ホルモンバランスのくずれ

     

    更年期や若い人などはホルモンバランスが乱れてしまうこともあります。またダイエットのしすぎなどもバランスを崩してしまいます。

  • 血行の悪化

     

    血流が悪い人は月経痛が酷くなりがちです。運動不足や間違ったダイエット、ストレスなどが引き起こす場合もあります。

  • カラダの冷えや骨盤内の血流の改善、イライラなどの精神症状にも効き目があります。漢方薬も保険は適用されますから、価格など他の薬と同じような扱いです。
    いずれにしても、自分の症状を説明し、症状に合った治療法をよく相談してみてください。
    出典 :月経痛 | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
     

    冷えからくる人は体質改善も必要です。

  • ストレス

     

    現代人の場合はストレスが原因となっていることが多いかもしれません。

  • 経血を押し出すときに、このホルモンが過剰に分泌されると、子宮がぐんぐん収縮し、痛みを引き起こすというわけです。ちなみに、お産のときの陣痛は、プロスタグランディンの働きによるもの。このホルモンを作りにくくさせる薬を飲めば、月経痛の痛みは軽くなります。
    出典 :月経痛 | ソフィ ソフィラボ | ライブラリー
     

    ホルモン分泌を抑える薬もある。

  • プロスタグランディン

     

    子宮を収縮させるプロスタグランディンの分泌が多い人は、月経痛を感じやすくなります。

  • 低用量ピル

     

    ピルを処方して飲めば月経痛が軽くなることがあります。ほかの婦人科系の病気を防ぐ働きもあるため、医療機関に相談してみて。

  • まとめ

  • 月経痛の原因はホルモン、ストレス、冷えなどが関係していることが多くなっています。原因を突き止めて解消してみて下さいね。