妊娠中の仕事や報告ってどうしたら良いの??気になる妊娠中の仕事まとめ☆☆

妊娠が分かったら仕事をどうするの??報告は???
気になる妊娠と仕事の関係についての情報をまとめてみました!!

view411

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠中の仕事について考えてみましょう!!

  • 仕事を持つ女性にとって妊娠中の仕事は悩むことがたくさんあるでしょう。現実的には仕事場に遠慮して言い出しにくいこともあります。しかし仕事を続けるかどうか、産休と育休中のこと、そして職場復帰のことだけは早いうち決めて職場に伝えるべきでしょう。
    出典 :妊娠中の仕事
  • 妊娠初期の仕事

     

    仕事と妊娠のバランスを考えておくのも良いかと思います!!

  • 会社の制度と妊婦を守る法律
    会社により妊娠、出産に関する社内規定や、就業規則はいろいろ。人事部や組合で配布される印刷物によく目を通しておきましょう。また妊婦が安全に働ける法律があります。権利を振りかざすのは控えたいですが上手に活用してみましょう。
    出典 :妊娠中の仕事-妊娠初期
     

    働く妊婦を守ってくれる法律もあるので調べてみるのもおすすめです!!

  • 妊娠を職場に報告
    妊娠がわかったら早めに職場に報告しましょう。危険な仕事や力仕事、つわりがひどいときなどに配慮してもらうことができます。うわさで上司が妊娠を知るといい気はしません。同僚よりもまずは上司に報告を。
    •出産後働く意志があるか
    •出産予定日と具体的な産休の日にち
    •育休の期間
    •業務の引継ぎ
    出典 :妊娠中の仕事-妊娠初期
     

    早目に報告することが大切です!!

  • つわりをのりきる
    働きながらのつわりはつらいもの。しかし仕事場ではなるべくまわりの人に気をつかわせないようにしたいものです。我慢できないときは早めにトイレに。
    •空腹にならないためにポケットに食べ物を
    •気分が悪くなったら無理は厳禁
    •食事は無理してみんなに付き合わない
    •食後はゆっくり休憩を取る
    •気分転換になるような仕事をすすんで引き受ける
    •締め付ける服は着ない、下着もソフトなものを
    出典 :妊娠中の仕事-妊娠初期
     

    辛いつわりで大変な思いをしてる人も多いようです!!
    仕事を休んだり出勤時間をずらしてもらうのもおすすめです!!

  • 通勤などにも工夫が必要です!!

     

    服装や乗り物など色々と工夫して乗り越えるようにしましょう!!

  • 電車、バスにのるとき
    •できるだけ通勤ラッシュを避け時間に余裕を持つ
    •つり皮、手すりに絶えずつかまる
    •途中駅のトイレを確認しておくと何かのトラブルに対応できる
    •長い時間扉が開かない急行電車より各駅停車にのる
    •大きなバックや両手をふさぐような物は持たない
    •階段は手すりにつかまる
    出典 :妊娠中の仕事-妊娠中期
  • 服装、持ち物
    •おなかを締め付けない服をきる
    •建物の外と中の温度差を考えて温度調節ができる格好を
    •ショーツはおなかを冷やさない妊婦用のものを早くから使う
    •ブラジャーはかたくないソフトな物を選ぶ
    •靴はヒールの高いものをやめて、幅が広い物を履く
    •バックはいつでも両手を使える肩からかけられるものを選ぶ
    •何かあったときのため、母子手帳と健康保険証を持ち歩く
    •気分が悪くなったとき用のビニール、タオル、ナプキン、おやつ、替えの下着、余分なお金など
    出典 :妊娠中の仕事-妊娠中期
  • 便秘
    妊婦さんのほとんどが悩まされているのが便秘。それは、大きくなる子宮・ホルモンの影響・運動不足で便秘になりやすくなります。食事バランスを考え、便意は我慢しない、また適度な運動を心がけましょう。
    出典 :妊娠中の仕事について-赤ちゃんの部屋
  • 後期(8ヶ月~10ヶ月)に働くママが気をつけることとは???

     

    妊娠高血圧症候群に気をつけ、外食には特に注意をしましょう。

  • ・歩くペースが遅くなっているので、時間には余裕を持って行動しましょう。また、電車・バスの利用時には注意をし、車通勤は避けましょう。職場の雰囲気を壊さないよう、服装をきちんとするのも大切です。
    ・この時期の太りすぎは、妊娠高血圧症候群の原因になりますので、塩分が控えめの栄養バランスの良いメニューとるようにしましょう。
    出典 :妊娠中の仕事について-赤ちゃんの部屋
  • 産休にも備えましょう!!!

  • ・産前産後休暇や育児休暇、引き継ぎの事は忘れず手際よくやりましょう。
    ・産休中は、定期的に職場に連絡をとるようにし、さらに子どもの預け先も考えておきましょう。
    出典 :妊娠中の仕事について-赤ちゃんの部屋
  • 色々な制度を利用してみるのもおすすめです!!