あなたの歯は白?黄色? 歯を白くする方法まとめ

最近歯のホワイトニングが流行していますね。
身近にあるもので歯が白くなるのは本当?
ホワイトニング歯磨き粉、どれがいいの?
などなど疑問をまとめました。

view1084

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • テレビを見ていると芸能人の人って歯が綺麗だな~と思うことが多いと思います。
    やっぱり笑った時にキラリと光る白い歯というのはそれだけで周りの印象を良くしますよね。





    爽やかさもそうですが清潔感というプラスのイメージを与えてくれます。
    逆に歯が汚いと見ている側もなんかちょっと不快な気分になってしまいます・・・





    これはテレビに限らず私生活においても同じことが言えるでしょう。
    元々人間の歯というのは真っ白というわけではなく少し乳白色というか黄色がかっているものです。
    出典 :歯を白くする裏ワザ【身近にあるもので歯は白くなるのか?】
  • どうして歯は黄色くなるの?

  • 飲食物による色素沈着

     

    歯の着色の原因として考えられるのが、飲食物による色素沈着です。

    お茶類やコーヒーに含まれているタンニン、赤ワインやココアに含まれているポリフェノール、カレーやソースといった色の濃い食べ物を摂取することで、着色を引き起こしやすくなっております。

    これらの物質が歯の表面に付着しているため、歯が変色して見えるというわけです。

    しっかりと歯磨きをすれば落とすことができますが、タバコのタールによって色素沈着を起こしたという場合は、歯磨きでも落としづらくなっております。

    それに、歯の裏側や歯と歯の間といったように、通常のブラッシングでは落としにくい箇所は、着色しやすくなっているのです。

    引用)
    http://歯を白くする.jp/chakushoku-genin.html

  • 薬剤による影響

     

    テトラサイクリンという成分が含まれた抗生物質を服用していた場合、歯全体に着色する可能性があります

    服用した期間や量によって着色の度合いは異なりますが、軽度の場合であれば漂白して綺麗にすることが可能です。

    引用)
    http://歯を白くする.jp/chakushoku-genin.html

  • 加齢による影響

     

    年齢を重ねるごとにエナメル質が薄くなるという特徴があり、象牙質自体も黄色くなるので、全体的に歯が黄ばんで見えるようになってしまいます。

    人によって個人差があるのですが、仕方のない現象であると言えるでしょう。

    引用)
    http://歯を白くする.jp/chakushoku-genin.html

  • 虫歯による影響

     

    歯と歯の間に虫歯があるという場合、それを放置しているとエナメル質を通して黒ずんで見えるようになります。

    また、詰め物の周りに虫歯ができたという場合も着色が引き起こされてしまうのです。

    どちらにしても虫歯による影響ですので、きちんと治療を行えば綺麗にできます。

    虫歯による着色は、ホワイトニングでは改善されない可能性があるので、十分に気をつけてください。

    引用)
    http://歯を白くする.jp/chakushoku-genin.html

  • 歯を白くする裏技の裏側

  • レモン汁を使って歯を磨く

     

    レモンの場合は洗浄成分の代わりにもなると言われているクエン酸が多く含まれていて、
    元々食べるものなので体にも害はなく洗浄作用で歯が白くなる。

    引用)
    http://歯を白くする裏ワザ.net/

  • レモン汁で歯を磨くと、確かに歯が白く見えるでしょう。
    これはクエン酸によって歯の表面のエナメル質が溶けて凹凸を作り、光の乱反射が起こることで白く見えるのです。
    実際に歯が白くなるという状態とは程遠くすぐに元通りの色になってしまいます。





    続ければいいと思うかもしれませんが、これを続けるとエナメル質がどんどん溶けてしまいます。
    かなり頑丈なことでも知られている歯の表面のエナメル質ですが、酸だけにはめっぽう弱く
    こんなことを続けていると酸蝕症という虫歯のような状態を引き起こしてしまいます。





    最悪の場合一瞬だけ白くなる虫歯だらけの歯という訳の分からない状態になってしまうでしょう。
    出典 :歯を白くする裏ワザ【身近にあるもので歯は白くなるのか?】
  • 重曹(ベーキングパウダー)を使って歯磨きをする

     

    重曹は頑固なキッチンの油汚れも落とす程強力な洗浄作用があり、水に溶けると
    アルカリ性にもなるので虫歯予防にもなって最適。

    引用)
    http://歯を白くする裏ワザ.net/

  • 重曹によって歯を磨くというのも表面の着色汚れを落とすには一定の効果はあるでしょう。
    ただ問題はその研磨力が強すぎるということです。





    歯の表面を削ることで確かに白くはなりますが、無闇やたらと繰り返すとエナメル質が削れてしまい、
    歯が弱くなって虫歯のリスクが高くなりますし、削ったことで表面にできた傷にはまた汚れが溜まりやすく
    一時的に白くなったとしてもその効果は長続きしないでしょう。





    歯科医のクリーニングやホワイトニングでも歯の表面を削ることで白くするということはありますが、
    これは再石灰化して元通りになるという範囲で行われているので問題はないとされています。





    どこまでならOKなのか?そんなこと素人にはわかりませんよね・・・
    また重曹の成分というのは普通に売られている市販の歯磨き粉にもよく含まれている成分です。
    なのでわざわざ重曹を使うのはただリスクを取っているだけと言えるでしょう。
    出典 :歯を白くする裏ワザ【身近にあるもので歯は白くなるのか?】
  • 100円均一で売っている激落〇君のようなメラミンスポンジで歯を擦る

     

    水を付けてこするだけで気になる汚れを落としてしまう激落〇君を使えば
    歯の黄ばみなんてすぐに落とすことができる。

    引用)
    http://歯を白くする裏ワザ.net/

  • 激落〇君のようなメラミンスポンジでも同じようなことが言えます。
    確かに歯は白くなるかもしれませんが、研磨力が強すぎるので歯が必要以上に傷ついてしまいます。
    出典 :歯を白くする裏ワザ【身近にあるもので歯は白くなるのか?】
  • このように裏ワザと言われている方法というのは、その多くが
    「歯の表面を溶かすか傷つけるかどちらにしますか?」と言われているようなものです。





    確かに白い歯というのは好印象を与えますが安易にホワイトニングに取り組むのは危険です。
    結局はボロボロの歯になるか歯医者通いになってしまいます。





    もし、「本格的なホワイトニングは金銭的に無理!」と思っているのであれば、
    市販の歯磨き粉ではなく、歯のホワイトニングジェルを使って歯を白くすることをオススメします。





    普通の歯磨き粉よりは若干高いのですが、ホワイトニングに通うよりかは格段に安く、
    そして継続的にホワイトニングケアを自宅で行うことができます。





    また、溶かしたり削ったりではなく、表面の汚れを浮かせて落としてくれるので歯の健康の心配もいりませんし、
    頑固なヤニ汚れなども落とすことができるので日常生活のステインによる歯の黄ばみぐらいであれば
    簡単に落とすことができるでしょう。
    出典 :歯を白くする裏ワザ【身近にあるもので歯は白くなるのか?】
  • 歯を白くする方法

  • 毎日の歯磨き

  • 一番費用がかからない方法は、自宅での歯磨きです。

    毎日歯磨きをしていたとしても、タバコやコーヒーといったもので歯は少しずつ変色するので、歯磨きで必ず白くなるというわけではありませんが、ポリリン酸ナトリウムといった化学的な成分を含んでいる歯磨き粉で歯を磨くことで、ある程度は白くできると思います。
    出典 :歯を白くする方法
  • 歯のクリーニング

  • 歯のクリーニングは、多くの歯科医院で施術を受けることが可能です。

    歯本来の白さを取り戻すことが可能ですが、それ以上白くなることはないということを頭に入れておいてください。

    料金は数千円から1万円程度です。
    出典 :歯を白くする方法
  • 歯のマニキュア

  • 歯の色が濃くて、ホワイトニングなどで白く変化しないという場合は、マニキュアで歯を真っ白にしていきます。

    どんなに歯が汚れていたとしても、マニキュアで白くすることができるのですが、一部の歯科医院でしか施術は行われていません。

    数年間の効果を期待するのであれば、1本につき1万円程度はかかってしまいます。
    出典 :歯を白くする方法
  • 歯のホワイトニング

  • ホワイトニングは歯の明るさを上げる方法となっており、自然な白さを取り戻すことができます。

    ただし、歯が極端に変色しているという場合には、効き目がない可能性があるので、十分に注意してください。

    この施術は歯科医院やホワイトニングサロンで行うことができ、1回につき5万円~7万円の費用が必要です。

    自宅で行えるホワイトニングはもう少し安いのですが、その分効果は落ちてしまいます。
    出典 :歯を白くする方法