「全般性不安障害の薬」について知っておこう

「全般性不安障害の薬」についてあつめてみました。不安がコントロール出来ないと辛い・・・そんな事に効くのがお薬なのです。

view155

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どのような薬を用いるのか

  • •ベンゾジアゼピン系の抗不安薬
    •三環系抗うつ薬(ふつうは用いない)
    •選択的セロトニン取り込み阻害薬(SSRI)
    •非ベンゾジアゼピン系の抗不安薬
    出典 :�R�R���̐��B
     

    主にこれらが使われる事になります

  • 症状が軽い場合は、まず薬を使わずにカウンセリングやセルフコントロール法の指導を受けるのがよく、その場合は専門のメンタルクリニックを訪れるのがよい。
    出典 :�R�R���̐��B
     

    何でもお薬に頼るのは良くありませんよ

  • ストレスとの関係性もある

     

    生きているかぎり、ストレスはつきもの。日常生活の出来事すべてがストレスのもとになる。適度のストレスや不安は必要だが、過度のストレスは不安障害の発症のきっかけになるし、症状悪化のもとになるそうです。

  • SSRI

  • SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害剤)と言われています。SSRIは抗うつ薬ですが、抗不安作用もあります。一方、ベンゾジアゼピン系の抗不安薬は、依存性や眠気、筋弛緩作用があり、認知機能にも影響を及ぼすことから問題視されています。
    出典 :全般性不安障害 | 岡山済生会総合病院
     

    全般性不安障害の薬はまずこれが使われると言われています

  • SSRIを最初から使うとしてSSRIには速効性がなく、やはり多くの医師が速効性のあるベンゾジアゼピン系抗不安薬を併用しています。基本的には数週間後にSSRIの効果が出始めますからそこでベンゾジアゼピン系抗不安薬は減量・中止する方向で調整されるべきです
    出典 :全般性不安障害 | 岡山済生会総合病院
     

    しかし、なかなかそうはいかない現状があるようです

  • SSRIの効果が現れるまでには、早くて2週間、通常は4週間程度かかります。
    出典 :全般性不安障害(GAD)人形町メンタルクリニック 中央区・日本橋 心療内科・精神科
     

    効果が表れるまでに時間がかかるのが問題点でもあるのでしょうね

  • 心得と断薬症状について

  • まず、処方される薬は対症療法である場合が多いです。「薬で治る」というよりも、「薬で症状を抑える。その間に環境や体や心を調整する」という色合いが濃いです。 また、全般性不安障害の薬の効果や副作用の出方には個人差が大きくあることも知っておくべきです。
    出典 :全般性不安障害の薬について | 全般性不安障害の治し方ブログ
     

    対処療法の場合が多いそうなのですが、それでも症状が緩和するなら受けるべきかもしれませんね

  • 薬を飲むことで症状がなくなると「治った!」と感じていきなり断薬をする人がいます。しかし例えば全般性不安障害の原因となる『偏った考え方』や『完全主義の考え方』、『ストレスの溜まる環境』などが改善されていないと、減薬中の体調の不安定さとストレスが相まって症状が強くぶり返されることがあります。
    出典 :全般性不安障害の薬について | 全般性不安障害の治し方ブログ
  • 依存性の問題は

     

    抗不安薬は二週間から一ヶ月以上の連続服用は依存のおそれがあるため推奨されていません。しかし精神科医の多くで毎日連続で服用する処方がなされることが頻繁にあるそうなので要注意ですね

  • 服用期間は

  • 服薬期間については、SSRIや5-HT1A受容体部分作動薬は効果が現れて症状がなくなっても、再発を予防するために、さらに6ヶ月から1年間は服薬を継続することが必要です。
    出典 :全般性不安障害(GAD)人形町メンタルクリニック 中央区・日本橋 心療内科・精神科