太るのは遺伝のせい?「肥満遺伝子レプチン」てなーに?

あなたが太る原因は遺伝子のせいだった?
「肥満遺伝子レプチン」を知って、ダイエットに役立てよう!

  • nacco 更新日:2013/10/10

view466

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 遺伝なのか、自分のせいなのか

  • 親の責任30%、自分の責任70%・・・でも、現在太っているのは、やっぱり自分のせい?
     「私は水を飲んでも太る体質なの。」とか「食べてないのに太っちゃう。」は太っている人の言い訳としてよく耳にするセリフです。しかし、本当にそんなことがあり得るのでしょうか?
    出典 :「太るのは遺伝である」を大検証
     

    やっぱり自分のせいなのか?

  •  一般的に、両親がともに標準体重である場合の子供の肥満発生率は約10%、どちらか片親が肥満の場合は約50%、両親とも肥満の場合は約80%と言われています。
    両親の体型を思い浮かべて「あぁ、やっぱり太っているのは遺伝なのか・・・。」と思ったあなた、ここであきらめて開き直ってはいけません!
     確かに、体脂肪をある一定量まで蓄えられうるという能力は遺伝します。しかし、肥満体型がそのまま遺伝するというわけではありません。つまり、太りやすいという遺伝子を持った人が、太りやすい環境にあってはじめて、肥満体型が作られるのです。
    出典 :「太るのは遺伝である」を大検証
     

    体型が遺伝すわけではない!

  • 「どうやら自分は、家系的に太りやすい遺伝子を持っている」ということが判明したら、「どうせ体質なんだからダイエットしても仕方がない」と逆ギレして食べまくるのではなく、「体質なのだから注意しよう」に発想を転換して、適正なカロリー摂取と適度な運動を心がけてみてはいかがでしょうか。
    あくまでも、「太りやすい体質」が遺伝するのであって、「必ず太ることが約束された体質」が遺伝するわけではないのですから。
     心がけ次第で、肥満を解消し標準体重を維持することは可能なはずです。自分の体型を体質のせいにして、現実から目をそらしてはいけません。
    出典 :「太るのは遺伝である」を大検証
     

    知って、気をつける、それが大事です。

  • 肥満遺伝子の正体

  • レプチンは脂肪組織より分泌されて直接視床下部に作用し、多数の摂食調節因子を制御することにより強力な摂取抑制とエネルギー代謝亢進をもたらし、肥満や体重増加の制御に関与します。
    出典 :ダイエットで痩せる抗肥満薬(レプチン)|痩せるダイエット法(医学的根拠に基づいた)
     

    肥満や体重増加の制御に関与するというレプチン。

  • 遺伝的にレプチンを欠損するob/obマウスやレプチン欠損肥満症例において、レプチンは体脂肪を選択的に減少させ、著しい体重減少をもたらすため、発見当初より新しい抗肥満薬として期待されました。
    出典 :ダイエットで痩せる抗肥満薬(レプチン)|痩せるダイエット法(医学的根拠に基づいた)
     

    マウスの体重が減少!
    人間にも応用できる?

  • レプチンは、食物摂取とエネルギー消費のバランス調整をするホルモンです。
    脳にある受容体とレプチンが結合することで、満腹中枢を刺激して食欲が落ちることが明らかになっています。
    出典 :肥満に関する遺伝子-レプチン遺伝子
     

    満腹になったら食欲が落ちる、この仕組みがレプチンのおかげ!

  • レプチン遺伝子に変異があると、レプチンが合成されない為、どんなに食べても満腹感を得ることができなくなります。
    その結果、過食となり、病的な肥満の原因となります。
    出典 :肥満に関する遺伝子-レプチン遺伝子
     

    レプチン遺伝子の変異で、病的な肥満になることも!

  • 体重増加以外にも!

  • レプチンは適切な体重になった女性の思春期を開始させる役目を果たします。
    過激なダイエットで生理が止まるのもレプチンが少なくなったためです。
    出典 :レプチン減少は、食欲どころではない! | メタボな人の血糖値
     

    生理周期などにも関連してくる!

  • レプチンは炎症など免疫学的刺激でも産生され、免疫応答にも深く関与しています。
    出典 :レプチン減少は、食欲どころではない! | メタボな人の血糖値
     

    免疫機能にも関与するようです。

  • レプチンを知って、ダイエットにつなげるには?

  • レプチンとは、食事を開始後、20分~30分後に脂肪細胞に
    脂肪が吸収されることにより分泌されるホルモンのことです。

    このレプチンが血液中に流れ出し、増加すると、脳に対して、
    「お腹が一杯だよ」と信号を発信するんです

    食事開始後、20分~30分しないと、満腹感を
    感じないんだ!!だから、早食いはダメ!ってこと
    出典 :正しいダイエット法でリバウンドしない体を作る方法 レプチンとリバウンドの関係
     

    レプチンが正しく働くように、ゆっくり食べよう!

  • 今までよりも急激に食事量を減らすと体内環境が悪化します。それだけではなく異常な食欲まで出てきます。

    「少しだけ食事量を減らす」が大事。
    出典 :少しだけ食事量を減らす~レプチンが食欲を抑制 | ダイエットで痩せる方法とコツ
     

    急激に食べる量を減らすとレプチンが不足し、食欲が抑えられない!
    少しずつ。レプチンが働くレベルで減らすことが大事!