危険信号に気づけ!「子宮体がんの症状」は何がある!?

子宮体がんの症状をしってしっかり早期発見に努めるのが大切なのです!女性は必ず知っておこう!

view210

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 子宮体がんは

  • 子宮内膜というのは子宮の上皮で、筋肉でできており、内部には空洞があります。子宮は胎児が発育する場所です。妊娠していない女性の大多数においては、子宮のサイズは約7cm(約3インチ)程度です。 子宮の狭い下部は頸部で、膣に通じています。
    出典 :子宮体がん|がんinfo|IMICライブラリ|一般財団法人 国際医学情報センター(IMIC)
     

    子宮内膜の説明ですが、大半はこのようになっているのが普通と考えても良いでしょう

  • 子宮体がんは、子宮の筋肉のがんである子宮肉腫とは別のものです。
    出典 :子宮体がん|がんinfo|IMICライブラリ|一般財団法人 国際医学情報センター(IMIC)
  • 特徴は

  • 婦人科のがんで最も多いのは、子宮がんです。子宮がんは子宮頸がんと子宮体がん(子宮内膜がん)に分けられます。子宮体がんは子宮内膜がんとも呼ばれるように、胎児を育てる子宮の内側にある、子宮内膜から発生するがんです。
    出典 :子宮体がん (子宮内膜がん)  基礎知識:[がん情報サービス]
  • 子宮がんにかかる人は、年間約21,000人で、内訳は子宮頸がんが約10,000人、子宮体がんが約11,000人となっています(「集計表のダウンロード(医療関係者の方へ)」-罹患データ(全国推計値)上皮内がん用語集アイコンを除く)。また、子宮がんで亡くなる方は、年間約6,100人で、このうち子宮体がんが約2,000人となっています
    出典 :子宮体がん (子宮内膜がん)  基礎知識:[がん情報サービス]
  • 子宮体がんの症状

  • 子宮体がんの前がん状態といわれる子宮内膜増殖症でも不正出血がありますが、子宮体がんの初期でも、90%以上の人になんらかの不正出血、おりものなどの症状がみられます。特に、月経とは無関係な出血が特徴で、閉経後に少量の出血が長くつづく場合は要注意です。
    出典 :子宮体がん|ベネッセウィメンズパーク
  • おりものは黄色、褐色から始まり、しだいに血性、肉汁様になって、がんが進行すると膿性になり、悪臭を放つようになります。高齢者では、子宮の入り口が狭くなって詰まってしまい、子宮の中に出血や分泌物が貯留することもあります。
    出典 :子宮体がん|ベネッセウィメンズパーク
  • おりものの異常
    (茶褐色、量が多い、においがある)
    下腹部の痛み、むくみ
    排尿痛
    発熱や悪寒
    性交時痛・性交後出血
    出典 :子宮体がんの症状
     

    このほかにも貧血の症状が出る場合もあります。

  • おりものは

     

    女性の性器から出る分泌液です。色々な症状がわかる便利なものと考えても良いでしょう。しかし、量や性質は個人差が大きいのも特徴です。体調や年齢が関係してい来るのですが色である程度判断が可能とされています。

  • 子宮体がんは初期のうちから、ほとんどの人は不正出血が起こります。特に多く見られるのは、帯下(おりもの)や下腹部の痛みが起こっている時に不正出血が伴っていることです。帯下は膣内から流出する粘液ですが、正常では無色透明でニオイもなく少量です。
    出典 :子宮体がんのサインを見逃すな!
  • がんの初期では出血量が少なく、帯下に混じって出血する場合もあります。進行すると出血量も増え、子宮内感染の合併により膿性となり悪臭を放すようになります。こうした出血や帯下の流出にともなって、下腹部の痛みを感じるようになります。
    出典 :子宮体がんのサインを見逃すな!
  • 診断には検査を

  • 子宮体がんの検査は

     

    子宮の内部からはじまります。画像のように内部の組織を採取し顕微鏡で探すという方法がとられます。症状に当てはまる場合はまずは産婦人科に相談してみましょう。