みんなはどうしてる⁈顔の産毛取り。

顔の産毛…特にひげや眉毛周り…気になりませんか?剃刀で剃ると濃くなるとか、毛抜きで抜くのは痛くて…と、マイナスイメージの強い産毛の処理。他の方法をご紹介します。

view491

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • みんなきにしてる?!

  • 「女性と接近した際に気になる顔の部分は?」との男性への問いに、1位「うぶ毛(ひげ)」・2位「目のくま」・3位「唇のかさつき」との結果が得られました。また反対に、「男性と接近した際に気になる自分の顔の部分は?」との女性への問いには、1位「毛穴の黒ずみ」・2位「毛穴の開き」・3位「うぶ毛(ひげ)」と毛穴を気にする女性が大多数を占めました。
    出典 :スキンケア効果をUPさせる!顔そりケアのすすめ [スキンケア] All About
     

    男女ともに産毛が上位にきています。それだけ見られているので、処理もしっかりやりたいものですね。

  • 産毛取りのメリット

  • ◎肌が一段とクリアに見えます。
    ◎化粧乗りが良くなります。
    ◎産毛取りの処置の際、一緒に古い角質も取れ、肌のザラつきもなくなります。

  • では、早速方法を見てみましょう!

  • 産毛取りの方法(自宅編)

  • カミソリ

     

    一番ポピュラーな方法ですね。
    きちんとした処置をするためには、蒸しタオルで毛を柔らかくし、しっかりと立てた泡で肌を守り、刃を立てないように使用しなくてはいけません。
    間違った使い方は、肌を傷める原因になります。
    手間だと思う方はこの方法は止めた方がよいでしょう。

  • 電動シェーバー

     

    比較的安価で、肌に優しく、気軽にできる優れものではないでしょうか。しかし、深剃りはできないため、濃い方は黒ずんで見えてしまうかもしれないですね。

  • ジェルパック

     

    産毛と共に、毛穴の汚れも取り除いてくれる優れものです。
    ただ、時間がかかるため、朝鏡を見て気になっても、この方法は使えませんね。

  • 繭玉

     

    よく、お土産でもらうのがこれ!
    お湯に浸けて、指に装着し、肌にクルクルとするだけです。絹100%で、昔から舞妓さんが使っていたというから、肌に良さそうですね。
    でも、産毛が取れるのは個人差があるようです。肌に優しいといっても、あまりゴシゴシ擦るのはNGです。

  • エピローラー

     

    細いコイル顔の上でコロコロ転がすと、産毛を絡め取ってくれます。
    慣れるまでは痛みを伴い、刺激が強いため、肌の弱い人には不向きかもしれません。

  • 産毛取りの方法(自宅以外編)

  • 脱毛

     

    エステや美容整形などで実施しているレーザー脱毛です。
    黒い毛に反応し、徐々に減っていく…というものなので、毛の薄い産毛は回数がかかり、痛みやトラブルもあるようですが、一度しっかり脱毛してしまえば、しょっちゅう産毛の処理をしなくてもよくなります。長い目で見るといいですね。

  • フォトレーザー

     

    美容外科などで実施しているフォトレーザーです。
    元々は、シミ・シワ対策なのですが、産毛にも反応し、徐々に減っていく人もいるようです。
    美肌にもなれ、産毛も処理できるなんて、一石二鳥ですね。

  • 糸脱毛

     

    海外で経験した方もいるのではないでしょうか?
    糸で挟んで絡め取ってくれるものです。クリームを塗ってくれたり、施術後もケアしてるれるので、セルフでやるよりも、肌に優しいですね。