大丈夫?妊娠初期のラキソベロン服用

妊娠初期は不安なことだらけ!
特に妊娠に気づきにくい妊娠初期では、便秘解消のために下剤を服用してしまうケースも。
そこで今回は、妊娠初期における「ラキソベロン」の服用についてまとめてみました。

view2523

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ラキソベロン処方の目的

  •  

    「ラキソベロン」便秘気味の人は知っている人も多では?

  • 処方目的・適応
    便秘症,消化管検査時または手術前後における腸内容物の排除

    本剤は,胃や小腸ではほとんど吸収されず,大腸にいる細菌によって加水分解を受けて腸管のぜん動運動を促進し,また水分の吸収を阻止して便の排出を促します。

    出典 :ラキソベロン 薬検索 - goo ヘルスケア
  • 大腸を刺激してその運動を促し、飲食物からの水分の吸収を抑えて、自然な排便に近い効果を現す薬です。

    出典 :ラキソベロンの効能・副作用 - くすり・薬検索 - goo辞書
  • 妊娠初期にラキソベロンを服用した時の副作用の心配は?

  • ラキソベロンを飲んでもいいのかな…

     




    妊娠すると便秘になる傾向もみられます。
    どうしても辛いときには便秘薬に頼りたいところですが、副作用が気になりますよね。


  • ラキソベロンは安全性が高く、必要最小限の量ならば妊婦の服用も可能です。
    ですが、医師に必ず相談してから服用してください。


    出典 :ラキソベロン : 知らないと怖い!妊娠中のアローゼンの副作用と効果
  • 副作用も少ないので、高齢者や妊婦にも使用できます。
    出典 :ラキソベロンの効能・副作用 - くすり・薬検索 - goo辞書
  • 便秘薬の中でも安全な薬として知られているのがラキソベロンというお薬です。
    ラキソベロンは乳幼児や妊婦さんにも処方されることがある副作用の少ない薬です。
    出典 :妊娠中の便秘 ~妊娠初期から妊娠16週ころまで~: 産婦人科クリニック さくら
  • ラキソベロンは比較的副作用が少なく、妊娠初期に服用しても大きな影響はでないようですね!

    ただし、どんな薬にも多かれ少なかれ副作用はつきもの。
    ラキソベロンで考えられる症状はどんなものがあるのか調べてみることにしましょう。

  • ラキソベロンで考えられる副作用とは?

  • 軽い副作用としては腹痛、下痢、吐き気、嘔吐、めまいや腹部膨満感などが報告されています。
    安全といっても刺激性下剤であることには変わりませんので、長期間飲み続けるのは避けるようにしなければなりません。
    出典 :妊婦の便秘 ラキソベロン-妊婦さんのための便秘対策
  • 従来の下剤に比べれば副作用は少ないのですが、腹痛や吐き気・嘔吐(おうと)、腹鳴、腸閉塞、腸管穿孔、虚血性大腸炎、低カリウム血症、発疹、めまい、一過性の意識消失、AST・ALTの上昇をおこすことがあります。こうした症状がおこったときは、医師に相談してください。

    出典 :ラキソベロンの効能・副作用 - くすり・薬検索 - goo辞書
     

    妊娠初期は体の変化に不安を感じやすい時期でもあります。
    上記以外でも、なんだかおかしいなと思ったらすぐに医師に相談しましょうね。

  • 知っておきたい!ラキソベロンを服用する際の注意点

  •  

    安全な薬だからと安心しすぎたり、効果を期待するあまりに多く摂取してしまうの危険です!
    薬ということを頭に入れて、慎重に扱うようにしましょう。

  • 実際に妊婦さんがラキソベロンを処方され、服用しているけれども効果がないという声がネット上などでよく見られます。
    効果が感じられないからといって自分の判断で服用量を増やしてしまうと腹痛を起こすこともあります。
    処方された場合は服用量を守るようにしましょう。
    出典 :妊婦の便秘 ラキソベロン-妊婦さんのための便秘対策
  • 妊娠中の方に向いてる、というのは、薬剤が腸の中で作用し、また腸から体内に全く吸収しないのです。これは赤ちゃんへの影響が無い、と言えます。ただ、強く作用し下痢が続くようになった場合、反応で子宮が収縮しやすくなり、子宮の痛みを感じたり、切迫流産、と言うことにもなります。くれぐれも少量から試してみて下さい。
    出典 :妊娠中の便秘 ~妊娠初期から妊娠16週ころまで~: 産婦人科クリニック さくら
  • 妊娠中は特に、服用する薬について少しでも疑問に感じたなら、自分で解決しようとせずに医師に相談するよう心掛ましょうね。

  • 他にもある?妊娠中に使用される便秘予防薬

  •  

    妊娠初期からホルモンの影響で便秘になってしまう女性は多いようです。
    ラキソベロンのほか、一般的にどんな便秘予防薬があげられるのでしょうか。

  • 妊婦さんが妊娠中に便秘予防として処方される下剤はプルゼニド、アローゼン、ラキソベロンが一般的です。
    プルゼニド、アローゼン、ラキソベロンの中で1番効果が高いのはラキソベロンです。


    出典 :ラキソベロン : 知らないと怖い!妊娠中のアローゼンの副作用と効果