アルコールを飲み続けると「アルコール性肝障害」

過度の飲酒は肝障害が生じます
アルコールは飲んでも飲まれるな
健康管理に役立ててください

view243

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • どんな病気?

  • アルコール性肝障害のなかには、肝性脳症(かんせいのうしょう)、肺炎、急性腎不全(きゅうせいじんふぜん)、消化管出血などの合併症やエンドトキシン血症などを伴い、1カ月以内に死亡する重症型アルコール性肝炎と呼ばれる病態があります。
    出典 :アルコール性肝障害 - goo ヘルスケア
     

    色々な肝障害が起きる事があるので
    ほどほどにしましょうね

  • アルコールの飲みすぎにより肝臓病がおこります。始めは脂肪肝から始まり飲みすぎれば誰にでも起こります。飲み続けているとアルコール性肝炎という怖い病気になり、死亡することもあり得ます。さらに飲み続けると肝硬変という最終段階に入ります。ここまで来ると治るのが大変です。
    出典 :アルコールと肝臓病|e-ヘルスネット[情報提供]
  • アルコールで引き起こされる肝障害は

  • 1.アルコール性脂肪肝:
    2.アルコール性肝炎:
    3.アルコール性肝硬変:
    4.アルコール性肝線維症:
    出典 :アルコール性肝障害
  • 5.常習飲酒家の慢性肝炎:
    6.非特異化あるいは正常肝:
    7.重症アルコール性肝障害:
    出典 :アルコール性肝障害
  • 日本人はお酒に弱い

  • 欧米人に比べアルコールに弱い。人口1人当たりのアルコール消費量は先進諸国で最低で、ワイン好きの多いフランスの半分にも達しない。その理由の一つは日本人の肝臓にある。 肝臓は一種の「化学工場」。栄養素を貯蔵で合成するほか、食物中の様々な有害物質や腸内で発生した毒物、あるいは服用した薬物などを分解する。
    出典 :アルコール性肝障害
  • 原因はなに?

  • Pequignotらは純アルコールに換算して1日80g未満を対照群、80〜160gを危険群、160g以上を高危険群とした場合、肝硬変の頻度は対照群に比べて危険群では約5倍、高危険群では25倍になることを明らかにしています
    出典 :アルコール性肝障害 - goo ヘルスケア
  •  

    このような成績を基に欧米では1日あたりの安全域をアルコールに換算して30g程度と見積もっています。白人種と黄色人種では遺伝的背景が異なることから、まだ不明確な点が多く残されており、日本人の安全域は明確ではありません。

  • 日本酒1合に含まれるアルコールは約28gです。1日に日本酒2合で、隔日に飲酒すると仮定すると、1日あたり平均28gのアルコール摂取ということになります。『健康日本21』運動では20gを目標に掲げていますので、「週2回、日本酒2合で健康生活」ということになるのかもしれません。
    出典 :アルコール性肝障害 - goo ヘルスケア
  • 治療方法は

  • 治療の方法
    節酒ではなく、断酒会などを積極的に利用して、禁酒することが大切です。
    出典 :アルコール性肝障害 - goo ヘルスケア
  • γ‐GTPが高値の方はアルコールの飲みすぎが疑われますので、お酒の量を控える(1日平均2ドリンク: 日本酒にして1合、ビールなら中びん1本程度)ことが大切です。もしAST (GOT), ALT (GPT) も高値の場合には肝炎が疑われますので、断酒が必要となります。
    出典 :アルコールと肝臓病|e-ヘルスネット[情報提供]
     

    このように節酒ではなく、断酒が必要になる場合もあるので注意しておきたい所ですね!肝炎が疑われてしまったら、お酒ももう楽しくなくなりますね

  • 宴会

     

    宴会は楽しい大人の楽しみですが
    ほどほどにしましょうね