愛されるくびれを作ろう!【骨盤エクササイズ】

愛されるくびれがあれば
嬉しいですよね
骨盤エクササイズをまとめてみました

view365

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 骨盤という部位は

  • <立ってプチトレ>

  • くびれエクササイズ

  •  

    立てたひざをひじで
    おさえながら上体ひねり

    床に座り、脚を正面に伸ばします。右ひざを立て、左脚をまたいで右足を左ひざの外側に。左ひじで右ひざの外側をおさえながら、顔ごと上体を右にひねります。右手は体の後ろについて、体を支えて。めいっぱいひねり、ここで20秒キープ。反対側も同様に。

  •  

    脚を組み、上にのせた
    脚の側に上体ひねり

    イスに座り、右脚を上にして脚を組みます。左手を左ひざにのせ、頭ごと上体を右にひねります。右手はイスの背もたれや座面をつかみ、体勢を固定して。めいっぱいひねり、ここで20秒キープ。反対側も同様に行います。

  •  


     

    脚をそろえてひざを立て、
    そのまま足を浮かせる

    床にあお向けになり、脚をそろえてひざを立てます。手のひらを床に向けて、腕は体のわきに。この状態から、ひざをつけたまま、両足を床から浮かせます。

  •  

    ひざをつけたまま、
    床につく手前まで脚を倒す

    両ひざを右側に倒します。ひざは床につけず、床から3cmほど浮かせたところまで倒し、5秒キープ。脚につられ、左肩が浮いてしまわないように注意しましょう。反対側も同様に。


  • その1

    エクササイズ中は
    息を止めない

    息を止めてしまうと、体がかたくなり、理想のポーズがとれません。エクササイズ中は自然呼吸を心がけましょう。力が入って息を止めてしまいがちという人は、BGMに合わせて歌を歌いながら行うと、自然と呼吸ができるのでおすすめです。



    その2


    痛みをガマンしながら
    ムリに続けない

    エクササイズ中に、体のどこかに痛みを感じる、思うように体を動かせない……というのも、ゆがみの1つの症状です。痛みはケガのもとになるだけでなく、ストレスにもなるので、ダイエットに挫折してしまう原因にも。いわゆる「痛気持ちいい」強さで行いましょう。





     
    その3

    胃に血液が集まっている
    食事の直後は避ける

    食事直後の体は、食べたものを消化しようと胃に血液が集まっています。このとき、体を動かしていても、全身の血流がよくないので、エクササイズ効果も半減。エクササイズは、食事直後のタイミングを避け、時間のあるときにていねいに行いましょう。

     

    その4


    なりたい体を
    明確にイメージする

    ダイエットは、具体的な理想像があるほど挫折しにくいもの。あなたが「なりたい下半身」を、事前に思い描いてみましょう。また、サイズを測ったりして小さな“変化”を見逃さないことも大事。体の確実な変化は、あなたのモチベーションを必ずアップしてくれます。


    出典 :「愛されるくびれ」を作る!骨盤エクササイズ - gooダイエット