子宮筋腫の原因と症状と治療法

子宮筋腫が発生する原因は不明ですが、子宮筋腫の発育には卵巣のホルモンが深く関わっていると考えられます。

view32

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • ◆子宮筋腫の原因と症状◆

  • 子宮筋腫が発生する原因は不明ですが、子宮筋腫の発育には卵巣のホルモンが深く関わっていると考えられます。

    また、子宮筋腫が発生する場合には1個だけで発生することは少なく、ほとんどのケース同時にたくさんの子宮筋腫ができます。

    子宮に出来る筋腫の芽は、たくさんの女性の中に潜んでいると考えられています。

    この子宮筋腫の芽が大きく育って子宮筋腫の症状を起こす場合とそうでない場合があります。

    卵巣からのホルモンの働きや、それに対する筋腫の芽の反応に違いが出る事によって、子宮筋腫の育ち方に差ができると考えられます。

    子宮筋腫は悪性の腫瘍ではありません。 ですからほとんどの場合はそれほど大きく育ちません。

    卵巣などのホルモンに反応しやすい子宮筋腫が大きくなりやすいので、筋腫があっても多くの人は問題なく過ごしているいます。

    子宮筋腫のほとんどは症状がなく、婦人科の検診等で偶然見つかる場合が多いです。

    一般的に子宮筋腫の症状でもっとも多いのが、月経の量が増え貧血を起こすということです。

    また、子宮筋腫が成長して大きくなると膀胱を圧迫する事があります。 その場合は頻尿の症状が出ます。

    直腸を圧迫した場合は便秘になったり、背部で骨盤の神経や血管を圧迫すると腰痛が起こることもあります。

    これらの症状があり気になる場合には、婦人科で検診を受けることが大切です。

  • ◆子宮筋腫の治療法と注意点◆  詳細情報はコチラ

  • 子宮筋腫の治療法には、手術による摘出と薬物投与の2通りがあります。

    しかし、現在の薬物による治療法では子宮筋腫を小さくする事ができても完全に根治することはできません。

    子宮筋腫が原因で月経の出血が多くなったり止まりにくくなることで貧血がになると、手術による治療が必要になります。

    また、子宮筋腫が周囲の膀胱や直腸を圧迫している場合にも手術が必要になります。

    閉経後の女性に成人男子のこぶし大以上の子宮筋腫が見つかり、腫瘤が大きくなる場合には手術をしなくてはいけません。

    子宮筋腫は本来閉経後には小さくなるのが普通ですから、腫瘤が大きくなったり柔らかくなったりする場合は筋腫ではなく、

    悪性の肉腫の可能性があるからです。

    子宮筋腫の経過観察中は、おりものや月経の変化に気をつけてください。

    気がつかないうちに過多月経から貧血になっている場合があります。

    貧血にならいな為には、特に不足しがちな鉄分を十分に摂るように心がけてください。

    身体がだるいのも貧血からきている症状の場合もあるので、小さな変化でも早めに受診する事が大切です。

    子宮筋腫の手術後は、一ヶ月間は入浴を避けましょう。

    運動は医師の指示に従って焦らず少しずつ無理なく行ってください。

  • 子宮筋腫の治療法は投薬治療ですか?ひどいと手術ですか?

  • -質問-
    筋腫の大きさなどによります。小さい場合や、自覚症状のない場合は投薬も手術もありません。
    経過観察です。筋腫が大きく他臓器を圧迫する、妊娠しにくいなどの症状がある場合、摘出手術を行ないます。全身麻酔です。
      
       -回答-

      このサイトを参考にしています。


    http://fg564.webcrow.jp/
      (この記事は「Yahoo知恵袋」より引用させて頂きました)