うつ病で悩んでる人必見!!!うつ病の薬の副作用ってあるの???気になるうつ病の薬の副作用まとめ!!!

うつ病の治療で薬を服用してる人も多いのではないでしょうか???
気になるうつ病の薬の副作用に関する情報をまとめてみました!!!
うつ病の治療をしてる人必見のまとめです!!!

view197

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • うつ病はの治療は薬物治療を行うのが一般的なの???

  • くすりによる治療

    特に精神科のくすりに抵抗感をもっている患者さんもいるかもしれませんが、うつ病もほかの病気と同じように、くすりによる治療でからだの中の異常を修正することが必要です。うつ病には「抗うつ薬」という種類のくすりが有効であると考えられています。
    出典 :うつ病の治療方法を知る | うつ病の情報・サポートサイト こころのひまわり
  • 精神療法(心理的治療)

    うつ病の精神療法は、特に「ぶり返し」の予防に効果があります。精神療法の中の「認知行動療法」は、うつ病の患者さんによくみられる「否定的な思考パターン」を話しあいなどによって整理し、「より柔軟な思考パターン」にしていこうというものです。周囲の人から考え方についてあれこれ言われても、素直には受け入れられにくいのですが、医師からうつ病を引き起こさないための方法としてアドバイスしてもらえると、患者さんにも受け入れてもらえるかもしれません。
    出典 :うつ病の治療方法を知る | うつ病の情報・サポートサイト こころのひまわり
     

    薬物治療と併せて行うことも多いようです!!!

  • 治療には十分な休養を取ることも大切です!!!

     

    うつ病の治療ではくすりと並行して、十分な休養をとることも大切です!!!

  • 責任感の強い患者さんは、仕事を休んだり、家事をやらないことは悪いことだと思い、なかなか休みをとろうとしません。
    しかし、精神的にも身体的にもストレスがかかった状態では、十分な治療効果は期待できません。ときには休職という選択が必要なこともあります。医師が、患者さんに休職が必要だと判断した場合は、どの程度の期間必要か、全体的な見通しについてご家族が医師から説明を受け、「今は休んでほしい」という思いを患者さんに伝えてあげてください。休むことが悪いことだと思っている患者さんにとって、ご家族から「休んでほしい」と言ってもらえることで、こころの負担は軽くなります。
    出典 :うつ病の治療方法を知る | うつ病の情報・サポートサイト こころのひまわり
  • うつ病の治療薬には副作用があるの???どんな副作用が出るの???

  • 副作用 が出る原因は、抗うつ薬が脳内の神経伝達系の他にも他の神経系(コリン系など)に作用してしまうためです。代表的な副作用は口が渇く、便秘、排尿障害、眠気などですが、副作用の発現は個人差が大きいです。多くの場合、服用を続けていくうちに、 副作用 の症状は軽減します。また、新しく開発された抗うつ薬(SSRI,SNRI)ほど、うつ病の原因と考えられている脳内の神経伝達系に、より選択的に作用しますので、昔からある三環系、四環系の薬と比べると、 副作用 は少なくなっています。
    出典 :うつ病の薬、その効果と副作用 [薬] All About
  • 薬への依存性はあるの???

     

    ご心配いりません。抗うつ薬には依存性はありません。抗うつ薬は作用の発現に時間がかかります。飲んですぐ、気分が良くなるというわけではありませんので、心理的な依存は形成しにくいです。

  • うつ病の治療薬にはどんなものがあるの??

  • 抗うつ薬について

     

    今は色々な種類の抗うつ薬が出ています!!!
    また薬によっても副作用が違ってきます!!!

  • SSRI:セロトニンだけに作用する薬。副作用が比較的少ない
    吐き気など消化器への副作用が出ることがあります。飲み始めが特につらいので、胃腸の保護薬を合わせて処方してもらうといいでしょう。
    出典 :うつ病まるわかり - うつ病の症状、原因、治療法までわかりやすく解説!
  • SNRI:セロトニンとノルアドレナリンにだけ作用する薬。副作用が一番少ない
    SSRIと比べると副作用は少ないのが特徴です。尿の量が少なくなったり、喉が乾いた感覚を覚えたりします。前立腺肥大症を持っている人が使ってしまうと排尿がより困難となってしまいますので禁忌とされています。
    出典 :うつ病まるわかり - うつ病の症状、原因、治療法までわかりやすく解説!
  • 三環系抗うつ薬:一番作用が強い抗うつ剤。その分副作用も最も強い
    強い口の渇きや、排尿困難、眠気、だるさなどの症状が強く表れます。
    出典 :うつ病まるわかり - うつ病の症状、原因、治療法までわかりやすく解説!
     

    効き目が良い薬は副作用も強いようです!!!

  • 四環系抗うつ薬
    三環系の薬と同じような症状が出ますが、副作用は軽減されています(SSRIやSNRIよりは強いと言われています)。
    出典 :抗うつ薬の副作用とは? | うつ病まるわかり
  • トラゾドン:SSRI同様セロトニンにだけに作用する薬
    体温上昇や震え、意識の障害などの副作用があります。
    出典 :うつ病まるわかり - うつ病の症状、原因、治療法までわかりやすく解説!
  • 炭酸リチウム:躁うつ病に使われる、気分安定剤
    一度に摂取できる量が厳密に決められており、それを越えたしようをするとリチウム中毒が起きてしまいます。この場合、小脳に障害が出てしまいます。
    出典 :うつ病まるわかり - うつ病の症状、原因、治療法までわかりやすく解説!
  • カルバマゼピン:躁鬱に用いられる気分安定剤
    皮膚に重度の発疹が出てしまうことが稀にあります。
    出典 :うつ病まるわかり - うつ病の症状、原因、治療法までわかりやすく解説!