気になる妊娠と果物の情報まとめ☆☆妊娠したい人や妊娠中に摂取するべき果物があった!!!

気になる妊娠と果物に関する情報をまとめてみました! 妊娠中の人も妊娠希望の人も食生活は気になりますよね。そんな人たちにおすすめの果物があるって知ってましたか? 妊娠したい人も妊娠中の人も必見のまとめです!

view20247

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 妊娠前後の気になる食生活。妊娠と果物の関係は?

  • まず重要なのは妊娠期間中だけでなく、妊娠する以前から健康的な生活を続けること。食生活のポイントとしては、一日に最低3種類以上、たくさんのフルーツを摂取することが挙げられています。
    出典 :毎日3種類以上の果物を摂取!妊娠・出産にまつわるリスクを徹底回避 | 「マイナビウーマン」
     

    3種類揃えるのはなかなか難しそうですが、実現したいですね。

  •  

    果物には、ビタミンCや繊維質、カリウムなどが含まれ健康にいいですね。カリウムは利尿作用のあり妊娠中に悩まされる、むくみにも有効ですね。

  • 妊娠中や妊娠希望の人におすすめの果物とは???

  • りんご

     

    りんごは医者いらずとも言われる最高の果物なのです!!!
    妊娠中だけでなく普段から食べる習慣を身につけましょう!!!

  • 豊富なビタミン・ミネラルを含み、繊維質も多いので便秘の解消や体重コントロールにも役立つ。
    お腹の赤ちゃんの発育にも良い。吐き気や食欲不振など悪阻もやわらげてくれる。
    出典 :妊娠中におススメの果物|中医美容・養生で健やかに美しく
     

    つわりで苦しんでる人にもおすすめです! さらに食べごたえがあるので、よくかむことにより、食べ過ぎを防止してくれます。

    リンゴにはビタミンCも豊富に含まれますので、風邪予防にもいいですね。リンゴのビタミンCは熱にも強いので調理しても大丈夫。

    また、皮と果肉の間に食物繊維がたくさんありますし、皮にはポリフェノールも含まれているので、よく洗って皮ごと食べるといいですね。

    ただし残留農薬には気をつけましょう。

  • さくらんぼ

     

    意外にもさくらんぼも妊婦さんにおすすめのくだもののひとつなのです!!!
    さくらんぼは体を温める効果があるんですよ。 

    まだまだ特別感があるさくらんぼ。お祝いの品、としていいかもしれませんね!

  • さくらんぼの主成分は糖質で、カロチンやカリウム、鉄分がたくさん含まれています。
    中でも鉄分は他の果物と比べて群をぬいており、貧血や疲労回復、冷え性に効果があります。
    その他、疲れ目の回復、美肌維持、気管支炎の消炎などにも効果があるそうでうす。
    胎児の健康な育成を育むということで、妊娠中の女性に欠かせない葉酸も多めに含んでいます。
    出典 :さくらんぼ
     

    胎児の健康も助けてくれる効果があるようです!!!

  • いちご

     

    イチゴには妊婦さんに嬉しい葉酸が沢山含まれています!!!
    今が旬のいちごを沢山食べて赤ちゃんにもママにも良い影響を与えてもらいましょう!!!

  • 妊娠中に目標とする葉酸摂取量は約400μg(妊娠前の摂取量の約2倍です)
    食材には、火を通しすぎないように気をつけてたくさん摂りたいですね。
    「葉酸」は、妊娠前、妊娠初期から特に気をつけて摂りたい栄養素です。
    胎児の脳や脊髄などの中核神経の障害の発生を70%低減すると言われています。
    出典 :妊娠中に摂りたい栄養素、葉酸を多く含む食材は?|妊娠から出産まで97の疑問
     

    妊娠初期からの摂取がおすすめです!!! 葉酸は妊婦さんの貧血予防や赤ちゃんの発育に欠かせない栄養素です。サプリメントでも摂れますが普段の食生活かた補うのが一番ですね。葉酸は体内には蓄積されませんので、毎日摂取できるようにしましょう。

  • なし

     

    なしは高血圧に悩んでいる妊婦さんにもおすすめの果物です!!!

  • 体の余分な熱を冷まし、潤いを与える。
    利尿作用があるため、むくみ・高血圧に悩む妊婦さんにおススメの果物。
    唾液を増やし、口の粘膜を潤すため、秋からの乾燥対策にも…
    出典 :妊娠中におススメの果物|中医美容・養生で健やかに美しく
     

    豊富に含まれるアスパラギン酸が、利尿作用に働きむくみ予防に役立ちます。ただし、食べ過ぎは体を冷やしていしまいますので、一度にたくさん食べるのはやめましょう。

  • いちじく

     

    女性の強い味方であるいちじくにも効果があります!!!

    他の果物よりも多くの繊維質が含まれています。カリウム、鉄分、亜鉛が豊富に含まれていますが、特にカリウムはバナナよりも多く含まれています。ミネラル豊富で母乳成分と良く似ており、ビタミンBはつわりを和らげる役目も。

  • アミノ酸や有機酸、ミネラル、ビタミンなど豊富な栄養素を含む。
    お通じをスムーズにする働きをもち、妊娠中の痔を予防する。
    また、痔になってしまったときにも治癒を早める。母乳を増やす作用もあり。
    出典 :妊娠中におススメの果物|中医美容・養生で健やかに美しく
  • グレープフルーツにも葉酸が豊富です。

     

    葉酸は、葉物野菜や豆類にも豊富に含まれていますが、水溶性のため調理すると失われやすい栄養素です。その点、グレープフルーツなら、まるまる生で頂けるのがいいですね。疲労回復にも定評のあるグレープフルーツ。朝食に無糖のヨーグルトをかけてたくさんいかが?

  • グレープフルーツはビタミンCが豊富であることでよく知られていますが、近年注目されているビタミンの一種である葉酸も豊富に含まれています。
    出典 :葉酸不足が心配な妊婦さんにはグレープフルーツがおすすめ [コラム集] - Dole Japan, Inc.
  • 体を冷やす果物の食べ過ぎは禁物です。

  • 逆に体を冷やすトマト、きゅうり、レタス、セロリなどの野菜、柿、すいか、メロン、梨、キウイ、パイナップルなどの果物は摂り過ぎないよう気をつけましょう。
    出典 :冷えはおなかの張り、むくみ、腰痛の悪化などの原因に!ウェアや食事などを工夫して体を「冷やさない」生活を - gooベビー
     

    体を冷やすと妊娠しにくくなるだけでなく、妊娠中もつわりがひどくなったり、お腹が張りやすい、足がむくみ易くなったりします。また、体が冷えていると、筋肉がかたくなり出産に適したポーズもしにくくなります。さらに冷えは痛みに敏感になり出産に必要ないい陣痛が続かず、結果的に難産になってしまう可能性もあります。

  • 果物ならいくら食べても大丈夫と思っていらっしゃる妊婦さんも多いようです。暖かい地方で採れる果物は身体を冷やす性質があると言われています。果物・生野菜は、朝に少し召し上がってください。
    この3点は極力控えていただくようにしています
    出典 :安産のための母胎ケア 厚木市 鍼灸てんげる治療院
  • 食べる時間を工夫するといいのですね。

  • 実は、果物には果糖、ブドウ糖、ショ糖など、すぐに吸収されるエネルギー源が豊富なのです。
    だから、朝、果物を頂くと、睡眠中に失われた エネルギーを効率よく摂取でき胃の働きも活発にしてくれます。
    .その上、糖質が早くエネルギー源になり一緒にビタミンも摂れる優れものです。
    夜に果物を頂くと太りやすくなるので、遅くとも15時までには頂くようにしてください。
    出典 :妊娠糖尿病 妊婦と朝の果物と尿糖
  • 妊娠と果物の適量とは?

  • •適量は妊婦初期で2皿 (200g),妊婦中期以降は3皿(300g)ほどです。100gの目安はいちご半パック,みかん1個,りんご半分です。
    出典 :妊娠・出産期の食事のポイント | 京・食ねっと
     

    1日の総量です。多い?少ない?

  • 妊娠中の食事のバランス

     

    たくさん食べる、といっても全体のバランスと考えると、あくまでも補助的な立場でしょうか?

  • ジュースや缶詰は糖尿病のリスクを高めます。

  • 丸ごと、素材のまま食べるのがよさそうですね。

  • アメリカの科学者が3つの研究をまとめた結果、ブルーベリー、ぶどう、りんご、洋なしなどの果物は糖尿病のリスクを下げることが明らかに!ただし、ジュースにすると逆にリスクを上げてしまいます。
    出典 :果物丸ごとは糖尿病予防になる―ジュースにするとNG | 「マイナビウーマン」
  • 果物は果物でも、缶詰、ドライフルーツは、生に比べビタミンCも少なく、糖度が高いので注意が必要です。
    出典 :妊娠糖尿病 妊婦と朝の果物と尿糖