知っておこう!「インフルエンザウイルス」とは

インフルエンザウイルスとはどういったものなのか知っておく事も大切な予防なのです

view96

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • インフルエンザウイルスとは

  • 季節性インフルエンザや新型インフルエンザなどインフルエンザを引き起こす病原体はインフルエンザウイルスです。インフルエンザウイルスは直径約1万分の1mmの大きさで、抗原性の違いでA、B、C型の3つの型に分類されています。
    出典 :インフルエンザウイルスについて|これからの衛生管理|大幸薬品株式会社
     

    分類されているのですね

  • インフルエンザウイルスは、直径が1万分の1ミリ(100nm、1/10μm)の球形で、エンベロープという脂質でできた膜をもつウイルスです。ときに1,000nmほどの長糸状になることがあります。1個のウイルスが細胞に感染して増殖すると、8時間後に約100個、1日で100万個になるといわれています
    出典 :インフルエンザウイルス|インフルエンザ|感染と予防Web|サラヤ株式会社 企業法人向け
     

    増えるスピードがすごいのが分かりますよね

  • ウイルスの表面には2種類の突起があり、この「抗原型」によってウイルスはさらに亜型に分類されます。Aソ連型とかA香港型といわれるのはこの亜型のことです。これらの突起は赤血球凝集素(HA)とノイラミニダーゼ(NA)と呼ばれる感染のために重要なたんぱく質です。
    出典 :インフルエンザウイルス|インフルエンザ|感染と予防Web|サラヤ株式会社 企業法人向け
  • 種類

  • こちらが

     

    A型インフルエンザウイルスのイメージです。なんだか不思議な形ですが、大体このようなものだそうですよ

  • インフルエンザウイルスは常に構造に変化が生じています。これを「変異」と言います。変異には2種類あり、それぞれ「連続変異」と「不連続変異」と呼ばれています。「連続変異」とは、同じA/H1N1型の中で、HAやNAが少しずつ変異するものでウイルスの病原性に大きな変化はありません。
    出典 :アステラス製薬|なるほど病気ガイド|インフルエンザ
  • A型インフルエンザウイルスのHAには16種類(H1~H16)、NAには9種類(N1~N9)あり、この組み合わせによりA型インフルエンザウイルスにはH1N1~H16N9の144種類の"亜型"が存在し、非常に多様性をもつことがわかります。
    出典 :インフルエンザウイルスについて|これからの衛生管理|大幸薬品株式会社
  • B型インフルエンザウイルスにもHAとNAがありますが、それぞれ1種類しかなく、C型インフルエンザウイルスにはヘマグルチニンエステラーゼ(HE)しか存在しないため、多様性は乏しくなっています。 通常、人に流行を起こすインフルエンザウイルスはA型とB型で、C型は軽いかぜ症状のみです
    出典 :インフルエンザウイルスについて|これからの衛生管理|大幸薬品株式会社
  • 宿主域はどれくらい?

  • インフルエンザAウイルスはヒトを含む哺乳動物と鳥類に広く分布します。なかでも水禽、特にカモからはすべてのHAとNA亜型のウイルスが分類されています。家禽、家畜とヒトのインフルエンザAウイルスの遺伝子はすべてカモのウイルスに由来することが明らかとなりました
    出典 :インフル基礎
     

    意外ですよね。かもが関係していたのです

  • インフルエンザウイルスはまた、豚の慢性呼吸器病の誘因でもあります。アザラシ、クジラやミンクにも鳥のインフルエンザウイルスが感染します。インフルエンザは地球上に最も広く分布する人獣共通感染症です。
    出典 :インフル基礎
     

    感染範囲が広いのが分かります

  • このような

     

    画像のものに分布します。幅広い感染力を持つのがインフルエンザウイルスなのです。

  • A型インフルエンザウイルスは鳥をはじめ、人、ウマ、ブタ、トラ、アザラシ等に広く感染する人畜共通に感染するウイルスです。毎年冬に風邪症状をもたらす流行性感冒で“季節性のインフルエンザ”といわれるもの
    出典 :インフルエンザウイルスについて|これからの衛生管理|大幸薬品株式会社
     

    まだ続きますよ

  • 鳥が感染して大量死をもたらす場合もある“鳥インフルエンザ”、そして、鳥インフルエンザウイルスが人から人へ効率よく感染するように変異し、大規模な感染をもたらす“新型インフルエンザ”、これらは全て原因となるウイルスの亜型が異なりますが、A型のインフルエンザウイルスによるものです。
    出典 :インフルエンザウイルスについて|これからの衛生管理|大幸薬品株式会社
     

    A型のインフルエンザウイルスによるものでB型やC型や香港型など様々なものが出来上がっているのです。いわばお母さんのようなものかもしれませんね