これで解決!【猫背解消法】気になる方法のまとめ

しっかりと解決して、猫背を治しましょう
猫背は良い事などないのです
まとめてみました

view211

お気に入り お気に入り1

お気に入りに追加

  • 猫背を体験する為にやってみよう

  • 1.顔を正面に向け、椅子に座ります。その時に、腰をピンと伸ばすと姿勢全体がキレイに見えると思います。(ほんの少し反らせるように意識しますが、過度に反らせると腰が痛む可能性があるため要注意です)
    2.顔は正面を向けたままで、ピンと伸ばすように意識している腰の力を抜いてみましょう。すると、腰から背中にかけて丸くなり、胸を張ることができず(肩の位置が体の前方に巻き込まれた形になっている)、アゴが前につきでた状態に近付くと思います。
    出典 :オフィスでできる猫背矯正法! [肩こり] All About
     

    これで出来上がり

  • 鶏のように首を引く

  •  

    座った時に限らず、立った状態でも背中上部が丸くなり、アゴが突き出た姿勢になってしまう場合もあります。どちらにしても猫背姿勢は、肩こりに関わりますので、できる限り猫背姿勢は改善させたいものです。

  • 1.ニワトリのように首を後ろに引く

    骨盤から腰を垂直に立て、腰を動かさずに頭を垂直に立てたまま目線は水平にします。その状態で首を後方に引くと、背筋に力が入り背中が伸びて胸が広がります。この動きを繰り替えすことで、C型とS型のねこ背、首ねこ背を改善することができます。そのとき姿勢は、座位でも立位でもOKです。
    出典 :整骨院の先生に聞いた、通勤中・仕事中でも簡単にできる「猫背解消法」 : ライフハッカー[日本版]
     

    いつでも出来そうですね

  • 両肩を後方に引く

     

    骨盤から腰を垂直に立てて、手の甲を腰に当てます(仕事中に実践して目立つのが気になる場合は、手は添えなくてもいいとのこと)。腰を反らさないように注意して両肩を後方に引き、肩甲骨を背中中央に寄せます。背中中央部に力が入り胸が広がります。この動きを繰り替えすことで、横猫背(左右の肩が内側に入って水平方向に背中が丸まっている状態)を改善することができます。こちらも姿勢は座位でも立位でも問題ありません。

  • 座る姿勢を楽にする

  • 座る時に、腰当てを使用みましょう。クッションやタオルを挟むだけで、キレイに姿勢を保つことができ、座り姿勢が楽に維持できるようになることがあります。
    出典 :オフィスでできる猫背矯正法! [肩こり] All About
  •  

    腰と椅子の背もたれの間に置く、専用のクッションもあります。商品により硬さや厚さが異なります。背骨のカーブには個人差があるため、可能であれば店頭で試して、自分にとって楽なクッションを選ぶとことをお薦めします。

  •  

    タオルの場合は大きめのタオルを(バスタオルなど)または、薄い座布団などを用意します。端からくるくる丸めて棒状にしたり、折りたたんだりして、ご自身の腰に当て背もたれによりかかりながら、座り心地の良い状態に調整をしていきます。

    椅子には深く腰をかけ、両足は床にしっかり着くように椅子の高さを調節しましょう。

  • こんなのも気にすると良し

  • ☆家事のときたすきがけをする!
    肩甲骨が広がり正しい姿勢に。


    ☆重い物はなるべく持たない!


    ☆家具の足に布を巻いて滑りやすくする!
    背骨に負担をかけない工夫。
    出典 :とくまる|TBSテレビ:はなまるマーケット
  • ストレッチ

  • <やり方>1.手のひらが上を向くように身体の後ろで指を組みます。
    (※痛い方はムリをしないでください)
    2.肩甲骨を寄せる背中の肩甲骨を寄せて、手を下の方向に引きます。
    出典 :とくまる|TBSテレビ:はなまるマーケット
  •  


    3.頭を後ろに倒す鼻から息を吸い、頭を後ろに倒しながら口からゆっくり息を吐き出す。
    (※この時、肩は落として力を抜いて下さい)
    4.そのままゆっくり頭をおこして、1セット終了。