その胃もたれ、大丈夫?胃がんの初期症状を見逃さないために

わかりにくいと言われている胃がんの初期症状を見逃さず、早期発見するためのアドバイス。
胃の不快感や不調を抱えている人は、一度疑ってみた方が良いかも!?

  • ayaui 更新日:2014/05/14

view6146

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 胃がんの初期症状は見逃しやすい…

  • 胃がんの初期症状は早期の段階ではほとんど自覚症状がないのが特徴です。


    当然がんは、早期で発見できることが良いに越したことはありませんが非常に症状がわかりにくいのです。
    出典 :胃がん初期症状
  • 知らず知らずに胃がんの病状が進行期に入っている場合もありますが、自覚症状が現れるとされる早期
    と呼ばれる段階では、食欲不振、胸焼け、げっぷの頻発、吐き気、胃もたれ、胃の不快感などを訴える
    ようになり、少し進行すると、みぞおち付近に疼痛を感じるようになります。
    出典 :胃がんの症状・初期について
  • ・漫然と続く胃の不快感

    ・食欲不振

    ・吐き気が続く

    ・胸のもたれ

    ・黒色の便が出る

    ・体重が減少し始める

    ・貧血

    ・げっぷが頻繁に出る
    出典 :胃がん初期症状
  • 胃がんの問題点としては、初期症状を見逃しているうちに進行期に入ってしまうということで、そうなると、転移の危険性が高くなってしまいますので、定期的に検診を受けて、早期発見することが最も重要となります。
    出典 :胃がんの症状・初期について
  • 胃がんの原因

  • タバコ

     

    タバコは最も多い原因の一つ。肺がんだけでなく、胃がんの原因にもなるのです。

  • 胃がんの場合タバコを吸う人は吸わない人の2倍胃がんになりやすというデータがでています。
    出典 :胃がんとタバコの関係
  • 食生活の乱れ

     

    生活習慣、とくに食生活の乱れも、タバコに並ぶ大きな原因。

  • 胃がんを引き起こすいちばんの要因は塩分の摂りすぎがあげられます。

    一度に多量の塩分をとりすぎると、胃壁を守っている粘液が溶けてしまいます。

    そうなると発癌物質がしみこみやすくなってしまいます。

    これは意外なデータかもしれませんが、日本の伝統料理である漬物、干物、みそ汁など塩分食品の摂取が高いほど胃がんになりやすいということがわかっています。
    出典 :胃がんと食生活の関係
  • 胃がんの予防にはビタミンCと乳酸菌

  • この発がん物質を抑えてくれるのがビタミンCをしっかり含んだ果物なのです。
    胃がんと食生活の関係果物はしっかり摂取するようにしましょう。

    また乳製品は胃がんの予防には良いとされています。

    とくにヨーグルトにはさまざまな種類の乳酸菌が含まれています。

    乳酸菌は、胃がんの原因とされているピロリ菌の殺菌効果があるとされています。
    出典 :胃がんと食生活の関係
  • ストレス

     

    直接の原因とはされていませんが、ストレスが胃を弱らせる大きな要因となることは認められています。そのままにしておくと、やがては胃がんにつながるかも…

  • ストレスを感じて胃がキリキリするのは、胃は非常にデリケートでストレスを受けやすい部位となっているからです。

    一概には言えませんがストレスを受けやすい人は胃がんになりやすいというデーターがあります。
    出典 :ストレスは胃がんの原因!?