成人の約8割が歯周病!?【歯周炎】についてまとめ

歯肉炎から進行し、歯槽膿漏へ
これは成人の約8割の人がなっているというのです
まとめてみました

view162

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 歯周炎ってなに?

  • 歯周病がある程度進行した段階で、早めの治療が必要です

    歯周炎とは、歯周病がある程度進行した状態のことです。歯周炎になると、歯ぐきが腫れる、口臭が発生する、歯ぐきから出血したりするだけではなく、歯垢(プラーク)中の細菌によって歯槽骨が破壊され、歯周ポケットが徐々に深くなっていきます。

    それに伴って歯ぐきが退縮していくと、歯が長く見えたり、歯と歯の間に食べ物が詰まりやすくなります。
    出典 :歯周炎とは?|歯周病 予防ナビ
     

    歯周病のひとつですね

  • 画像はクリックして拡大

     

    このようになってしまっているのが
    歯周炎です
    自分の歯を見てみてはいかがですか?


    大丈夫でした?

  • なにか症状があるのか

  • 病変が進行すると、歯がぐらぐら揺れ始め、食べ物が噛みにくくなり、噛み合わせると痛みが出ることもあります。うみの袋ができて、痛みが激しくなったり、よくはれたり、出血しやすくなり、口臭を伴うなどの症状が顕著になってきます。重症になると歯を保つことができなくなり、抜くことになります
    出典 :歯周炎 - goo ヘルスケア
     

    若くして歯をなくすのは嫌ですよね?

  • ちょっとチェックしてみて!

  • □ 朝起きたとき、口の中がネバネバする。
    □ ブラッシング時に出血する。
    □ 口臭が気になる。
    □ 歯肉がむずがゆい、痛い。
    □ 歯肉が赤く腫れている。(健康的な歯肉はピンク色で引き締まっている)
    □ かたい物が噛みにくい。
    □ 歯が長くなったような気がする。
    □ 前歯が出っ歯になったり、歯と歯の間に隙間がでてきた。食物が挟まる。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 歯周病とは?
  • *上記の項目3つあてはまる:油断は禁物です。ご自分および歯医者さんで予防するように努めましょう。
    *上記の項目6つあてはまる:歯周病が進行している可能性があります。
    *上記の項目全てあてはまる:歯周病の症状がかなり進んでいます。
    出典 :日本臨床歯周病学会 一般の皆様へ 歯周病とは?
     

    どうでしたか~

  • 治療に専念しなくては

  • 歯周炎の原因は、歯肉炎と同様に口腔常在菌(こうくうじょうざいきん)がつくるプラークですが、歯周炎の病気の型によって、ある種の特定の細菌(歯周病原細菌)が関係しています(表2)。これらの細菌の多くは、空気を嫌う性質があるので、歯肉の上よりも歯周ポケット内のほうが定着・増殖するのに適した環境になります。
    出典 :歯周炎 - goo ヘルスケア
  •  したがって、歯周炎の治療も、プラークコントロールを基盤としたものになりますが、スケーリング(歯石除去)やルートプレーニング(歯根研磨)などの基本治療から、進行の程度によっては(中等度以上)小さな歯周外科手術を行う場合もあります。
     重症になると、歯がぐらついてくるので、補強するためにその部分を冠などによって連結します。治療不可能で歯を抜いた場合は、その部分に固定式あるいは取り外しのできる部分入れ歯を入れる必要があります。
    出典 :歯周炎 - goo ヘルスケア
     

    現在ではインプラントなるものがあるそうな

  • 歯周病の原因となる歯垢(プラーク)を適切なブラッシングで取り除きましょう。
    また歯周病を予防するためには、歯周病のリスクファクターを少なくすることも大切です。
    出典 :歯周炎(歯槽膿漏)の原因・予防|歯周病 予防ナビ
     

    なにもかも基本的な事は同じで、元を絶つことです

  • タバコを吸っていると歯ぐきの免疫力や修復機能が低下してしまうため、 喫煙している人は喫煙していない人に比べて、2.1~4.7倍も歯周病になりやすいというデータがあります。

    歯周病の専門家の中には、喫煙をやめない限り歯周病治療が成功することはありえないと断言している人もいます。
    出典 :歯周病(歯槽膿漏)を予防するためには
     

    たばこをやめる事も予防に繋がります

  • 若者もなるってば

  • 若年者にみられる歯周病は、一般的には歯肉炎ですが、まれに若年者にも歯周炎がみられることがあります。歯周炎を除き、全身的に健康であるが、歯槽骨や付着機構が急速に破壊されることから侵襲性(しんしゅうせい)歯周炎とも呼ばれます。また、家族内に発症することを特徴とします。
    (1)思春期前歯周炎
     主に遺伝によって起こると考えられています(パピヨン・ルフェーブル症候群)。
    出典 :歯周炎 - goo ヘルスケア
     

    遺伝だけは勘弁・・・・

  • http://health.goo.ne.jp/medical/search/10E20300.html(一部引用)

     

     遺伝による体質、とくに体の防御機構に関係する白血球の機能の低下に加えて、特殊な細菌(アグレガチバクター〈アクチノバチラス〉・アクチノマイセテムコミタンス)の感染によって起こる歯周炎です。
     全身的には異常は認められず、特定の永久歯の歯周組織が急速に破壊されるのが特徴です。とくに、上下左右の前歯(切歯)および第一大臼歯を中心に病変が起こる型(限局型)と、口のなか全体に破壊が起こる型(広範型)があります