どうしても気付きにくい背中ニキビに有効なケア方法とは?背中美人になるために!

なかなか目視できないことから気付きにくい「背中ニキビ」壁等に寄り掛かったときに痛みを感じて気付くことも…「恥ずかしくて彼氏に見せられない」「海やプールに行けない」などなど、背中にニキビがあると思いっきり楽しめない要因にもつながってしまいます。原因やケア方法についてまとめになります。

view24

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  •  

    露出が増える季節は尚更、気になりますよね……
    背中ニキビができてしまうのはどういった原因があるのでしょうか?
    原因を知り、正しい知識を把握することが「背中ニキビ」とサヨナラする一番の近道です。

  • 色々ある「背中ニキビ」の原因

  • 主な原因はホルモンバランスの乱れです。過度のストレス、睡眠不足などが続くと、緊張時に活発化する交感神経が優位となり、男性ホルモンが過剰分泌されてしまいます。男性ホルモンには角質層の柔軟性を奪い、角栓発生を促す作用があるため、角栓によって毛穴が詰まってしまうわけです。そこに肩甲骨付近の活発な皮脂腺から分泌される皮脂が詰まり、マラセチア菌によって炎症が起こると赤ニキビになってしまいます。自分の背中がどうなっているか見ていないという方は、今すぐ鏡を使って確認し、症状を確認したほうが良いのではないでしょうか。
    出典 :背中ニキビを消し去る魔法のケア〜美肌を手に入れる裏テク
  • 大人にきびのできる原因は様々ありますが、不規則な生活の繰り返しや社会的なストレス、また、年齢による体調の変化など、複雑な原因が考えられるといいます。年齢的要因の中では、年齢に寄るターンオーバーの機能低下も、大人にきびの原因となっているようです。

    また、年齢を重ねていくと、肌の新陳代謝が衰え古い角質がはがれ落ちずに毛穴がつまり易くなるといいます。これらの原因により、作ってしまった大人にきび、大人にきびが進行してにきび跡を残してしまっ場合も、肌の新陳代謝の衰えから、にきび跡を消えにくくしているともいえます。
    出典 :背中にきびと大人にきび
  • 治療方法 ケミカルピーリング

  • ニキビの原因の1つに、角質が硬くなって角栓を生じやすくなるというものがあります。ケミカルピーリングはフルーツ酸、サリチル酸などの薬液を塗って、角質を溶かす治療法です。余分な角質がなくなり、角栓が発生しにくくなる上、肌のターンオーバーが活性化されてキレイな皮膚が生まれやすくなります。

    ただし、角質層は外部刺激から肌を守るバリア機能を維持するために必要な部位です。一時的に角質が剥がれてしまうため、ピーリング後の肌は非常に刺激に弱くなってしまい、かえって肌トラブルを誘発することもあります。また、酸性の薬液を塗ること自体、肌には大きな負担となるため、すでに炎症を起こした背中ニキビには向きません。
    出典 :背中ニキビの皮膚科での治療方法の種類と効果 | スキンケア大学
  • セルフケア

  • 刺激の少ない化粧水で毎日の保湿だけは欠かさないようにしましょう。スプレータイプのものを使用するか、化粧水を市販のスプレー容器に詰め替えれば簡単にケアできます。
    肌が乾燥すると皮脂分泌が盛んになり、ニキビができやすくなります。また、乾燥が悪化すると痒みが発生し、背中ニキビを引っ掻いてしまうことで「消えないニキビ跡」をつくりかねません。
    さらに、ビタミンCなどの美白成分配合の薬用化粧品なら、メラニンの生成を抑えてシミ・そばかすを防ぐという効果も期待できるので積極的に取り入れてみてください。
    出典 :【背中ニキビ跡を消す方法】簡単なセルフケアとやっちゃダメ!なこと - ガールズSlism
  •  

    しっかりと保湿をしてキレイな背中を取り戻しましょう!!

  • 関連動画

  • 背中ニキビを治す方法!ジュエルレインを使ったら治っちゃった!

  • 背中ニキビを撃退! Fight off your back acne ! !