しびれを軽減させる方法

自力でできる軽減方法。
有効的な手段。
体験談をまとめてます。

  • S 更新日:2014/02/20

view319

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • はじめに

  • 病気だった場合の、しびれに対する治療は、その後に個人差が出ます。
    6~30ヶ月以上持続すると言われ、完全にしびれを取り除く有効な治療法はありません。

  • 自覚症状を軽減させる

  • 手指の運動を積極的に行い、末梢神経を刺激するという方法です。

  • 手の運動

     

    手を握ったり開いたりする。
    くるみなどを握る。
    握るものは硬めの物が良さそう。

  • 【手のしびれ】妊娠中は体内の水分量が3割増しになります。そのためむくみやすく、むくみで手首の神経が圧迫されることでしびれが起こります。手を開いたり閉じたりする運動を心がけたり、むくみの元になる塩分を控えてみましょう。
     

    妊婦さんにも良いとの事!

  •  

    温かい湯、冷たい水に交互に手足をつけて、末梢循環を良くします。
    スーパー銭湯なら、熱いお湯と水場が両方あるので、交互に浸かる事ができます。

  • 鎮静剤

     

    しびれから痛みを伴う場合。
    鎮静剤を使用し、症状の緩和を図ります。

  • 以下、注意点!

  • 副作用で起こる“しびれ”

  • 抗がん剤の副作用で起こる“しびれ”があります。
    限局して強く起こることはありません。

  • 抗がん剤

     

    しびれを感じるのが、左右のどちらかの人もいれば、指だけの人もいます。
    麻痺を伴う場合は、他の疾患が疑われますので医師に相談を!

  • ビューラーはまだ無理ですが。眉毛睫毛3分の1くらい復活。(-_-)髪はふわふわな毛根がちらほらといつのまにか。まー去年の9月から始まったヅラ生活はまだまだ続きますなり。(。-_-。)抗がん剤の副作用で1番きついのはワタシの場合、手足の痺れ。orz のおかげで骨折しましたからね→続
     

    実際に体験した人もいるようです。

  • 鍼灸治療

  • 鍼灸治療の効果は絶大で、即効性があるとの事!
    自律神経の調整も行うため、不眠も同時に解消!

  • 治療院では、神経の機能を高めることに主眼をおいて治療をおこなうそうです。
    つまり鍼灸治療は、血流を促進させたり、神経伝達を改善させたりして、圧迫や炎症によって弱っていた神経を健康な状態に導き、手足の痛みやしびれを軽減させるという治療法だということ。
    出典 :手足のしびれを改善した母の体験談
  • 【腰~足のしびれ】片側の場合、ヘルニアなどで圧迫を受けていることが多いです。両側の場合、脊髄に原因があることもありますのでまずは整形外科へいきましょう。整体や鍼灸と整形外科治療併用される方も多いです。
  • 鍼灸治療で痛み半減

  • 鍼灸治療の実力は素晴らしいです!
    長年何をやっても改善しなかった人が、今ではすっかり元気になったほど☆
    ただし、1回だけだと効果はさほど持続しませんので、少なくとも3回以上は必要だそうです。