冬の肌にはご注意を!「冬の肌のかゆみ対策」をしましょう

冬の肌のかゆみ対策をしましょう。乾燥する時期だからこそきちんと対応すべきなのです。

view83

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 予防は自分で出来る

  • 毎日の暮らしで予防 肌の代謝を低下させないように、適度な運動と休養、そして十分な睡眠をとって規則正しい生活をすることが基本です。寝不足を避けて、疲労をためないように注意してください。肌に活力がなくなり、乾燥や肌あれが発生しやすくなります。
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。
     

    疲労は美肌の大敵。頑張りすぎず、合間にお休みをはさみましょう。

  • 暖房をつけたら、加湿器なども同時に使って、室内の湿度を上げるようにしましょう。湿度を50~60%程度にしておけば、室温を低温に設定しても、それほど寒く感じずにすみます。 加湿器がない場合は、洗濯物を部屋干しすると適度に加湿され省エネにもなります。
    出典 :乾燥肌は保湿修復で治そう。 | 冬の肌あれ・かゆみ上手な治し方と予防法。
     

    このような知識を持っておく事も忘れないようにしたいですね。

  • お風呂でも予防出来る

     

    体を洗うときは、石鹸をたくさん泡立てて手で洗うと、必要な皮脂を落とさずにすむようです。
    また、入浴はぬるめのお湯に短時間つかるだけで十分汚れは落ちますよ。

  • ポイントは保湿

  • 「皮膚の乾燥と血流の悪化」が主な原因となっているわけですから、肌にうるおいを与え皮膚の湿度を保つようにするのが効果的です。まず室内環境は、暖房などで部屋が乾きすぎている場合、加湿器の使用あるいは室内に水の入った置物を置くなどして、50~60%以下にならない程度に室内の湿度を保つようにします。
    出典 :皮膚のかゆみ 2分で対策~肌の乾燥を防ぐ
     

    このあたりをしておく必要もありますね。

  • 室内の湿度を確保することで、体感温度が下がりにくくなるため、静電気なども発生しにくくなります。かゆみ対策だけでなく、静電気対策や暖房費節約といった副次的効果もあって、部屋の乾燥を防ぐことには、いろいろとメリットがあるわけです。
    出典 :皮膚のかゆみ 2分で対策~肌の乾燥を防ぐ
     

    メリットは多い方が良いですよね。

  • 対策としてコレをやめて

  • ・洗顔後に顔が突っ張る ・唇がカサカサになる ・指で紙やビニール袋が開けにくい ・すねなどを爪でかくと、白い筋ができる冬にかゆみがおこりやすい、腕・腰・すねなど、今はかゆくなくても保湿を心がけておきましょう。
    出典 :冬の肌トラブル!〜しつこい冬のかゆみ〜 -これであなたも医の達人-
  • かゆみ肌は

     

    女優さん、モデルさんも一様に大事と言っているのが保湿。顔だけではなく、手足もしっかり保湿クリームを塗るように習慣づけましょう。また、見落としがちなのが背中や腰などの塗りにくい部分。忘れないでくださいね。

  • 併用もポイント

  • 肌のかさつきやかゆみへの対策としては、皮膚に不足している油分と水分の両方を補う必要がある。このため、保湿ローションなどでまず水分を補給し、さらに乳液やクリームを塗って皮脂を補うようにしよう。
    出典 :男も悩む冬の皮膚のかゆみ対策 - ニュース - nikkei BPnet
  • 保湿ケアは、風呂上がりで皮膚が潤っている入浴後15分以内に済ませるとよい。クリームはつけた後、べたつくのが気になるという人向けには、最近、水にも油にもなじみやすく、使用感のよいタイプの商品が幾つか出ている。
    出典 :男も悩む冬の皮膚のかゆみ対策 - ニュース - nikkei BPnet
  • 着る物にも気を配りたい。肌着は、ウールなどの刺激のあるものは避け、綿素材のものを選ぼう。皮膚の成分の基となるビタミンやミネラルを豊富に含む食事や十分な睡眠も、皮膚の代謝を保つために重要だ。
    出典 :男も悩む冬の皮膚のかゆみ対策 - ニュース - nikkei BPnet
  • 空気が乾燥する時期には予防の目的で保湿剤を使用するのが効果的です。保湿剤にはワセリン、尿素などさまざまなものが市販されていますが、自分に合うものを使用すると胃でしょう。風呂上がりや寝る前に塗るのが効果的です。かゆみがあるからといってステロイドを含む軟膏を使うのはよくありません。
    出典 :冬のかゆみ | 大人の病気・症状 - 町医者の家庭の医学