寝る前にやっておきたい!【リラックス】

リラックスする事は
寝る前に必ずしておきたいことです
まとめてみました

view376

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 寝る前は

  • 日中の仕事などの緊張を、そのまま寝床まで持っていってしまうと、寝つきは悪くなるし眠りも浅くなってしまいます。
    出典 :寝る前にやっておきたい!リラックスノウハウあれこれ | 美肌マニアの美容情報
  •  

    これを改善するには、なんといっても「寝る前にリラックスモードに切り替える」のが一番です

  • 寝床につく前のストレッチ

  • まずは、寝床につく前に、体をほぐして筋肉の緊張を解消しましょう。
    次の順番で、やってみて下さい。
    1.立った状態で、手足をブラブラと軽く振る
    2.首・手首・足首をできるだけ大きく回す
    3.腕と肩をゆっくりと大きく回す
    4.手を腰にあてて上半身をグッと反らす
    5.上半身を前に倒し、床に手をつく
    6.まっすぐ立った状態に戻し、あごを上げて真上を向く
    7.ふっと息を吐きながら、全身の力を抜く

    ここまで終わったら、寝床につきましょう。
    出典 :寝る前にやっておきたい!リラックスノウハウあれこれ | 美肌マニアの美容情報
  • 寝床に入ってからの「筋弛緩法」

  • 筋肉は、一度力を入れてからスッと力を抜くと、リラックスしやすいという性質を持っています。
    これを利用した方法が「筋弛緩法」です。

    右足→左足→右手→左手→顔→全身の順で、「筋肉に力を入れて3~5秒静止したのち、力を抜いて10秒ほど静止」という感じでやってみて下さい。
    ラストの、全身の筋弛緩は数回繰り返すとより効果的です!
    出典 :寝る前にやっておきたい!リラックスノウハウあれこれ | 美肌マニアの美容情報
  • 仕上げは呼吸でリラックスしよう

  • 筋肉と神経の緊張は、「息を吐くときにゆるむ」というメカニズムを持っています。
    たとえば、疲れた時に大きなため息が出るのは、このメカニズムを無意識に利用しているからなんですよね。
    これを意識的にやって、寝る前のリラックスにつなげようというわけです。

    息を吐く時は、息を吸う時の3倍くらいの時間をかけてゆっくりとやること。
    そして、息は鼻から吸い、口から吐くこと。
    この2点を守って呼吸すると、どんどん緊張がほぐれていきますよ。
    出典 :寝る前にやっておきたい!リラックスノウハウあれこれ | 美肌マニアの美容情報
  • やってはいけないこと

  • 激しい運動、熱すぎるお湯での入浴、コーヒーや緑茶などのカフェイン飲料、お酒、タバコなども、カラダを興奮させて質の高い睡眠への導入を妨げます。これらは就寝2時間以上前からは控えるようにしてください。カフェインに関しては夕方以降はもう摂取しない方がベターです。
    出典 :眠る前にやっておきたいこと、やってはいけないこと|いい寝!フォーラム
  • 「朝むくみたくないから」と水分の摂取を控える人もいますが、それはNG。寝ている間にはコップ1〜2杯の睡眠を失いますから、眠る前にはコップ1杯程度の水分を補いましょう。でないと水分不足で血液がドロドロになり、新陳代謝が滞ります。温かい飲み物はカラダをリラックスさせる副交感神経を優位にしやすいので、白湯やノンカフェインのハーブティなどで水分を摂取すると良いでしょう。
    出典 :眠る前にやっておきたいこと、やってはいけないこと|いい寝!フォーラム
  • 食事と眠りも深い関わりがあります。ヒトは体温が下がるタイミングで寝入りやすくなりますが、食事を摂ると消化吸収のために内臓が活発に働いてエネルギーを消費し、体温が上がってしまいます。しかも、あとは眠るだけでカロリーを消費しない夜間に食べ過ぎると摂ったカロリーが余って太りやすくなりますから、夜9時までには食事を終えて寝入りを良くし、肥満を防止してください
    出典 :眠る前にやっておきたいこと、やってはいけないこと|いい寝!フォーラム
     

    生活習慣病予防です!

  •  

    「眠活」でまず気をつけるべきは光のコントロールです。眠るためにはメラトニンというホルモンが大切な役割を果たしていますが、強い光を浴びるとこのメラトニンの分泌が抑えられます。とくにスマホ、タブレット、パソコンなどのディスプレイから発する青白い光はメラトニンの分泌抑制効果が高いことがわかっています。眠る1時間前になったら、強い光や青白い光を避け、間接照明や暖色系の淡い照明に切り替えてください。

  • しっかりとリラックスできるようにしましょうね