納豆で血管を健康にしよう

納豆は健康によい食品です。実は血管が健康になるという説もあります。楽しく摂るために納豆について学びましょう。

view117

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 納豆とは

  • 納豆は,この大豆の欠点を納豆菌による酵素分解の働きによって解消した上,タンパク質や炭水化物,脂肪分などといった栄養をそのままに,独自の風味をもつ消化吸収の良い,優れた食品として仕上げられたものです。
    出典 :納豆の効能
  •  

    納豆は独特の食品です。

  • 納豆の成分

  • ナットウキナーゼの発見がきっかけとなり、納豆についての科学的研究が進展しました。納豆にはナットウキナーゼだけでなく、健康に役立つ多くの成分が含まれていることが明らかになっています。
    出典 :ナットウキナーゼと血液
  •  

    ナットウキナーゼを利用したサプリメントもあります。

  • 納豆の効果の実験

  • 健常な成人に、100~200gの納豆を食べてもらった後に採血し、血しょう中の血栓溶解活性を測定しました。その結果、2~8時間にわたって血栓溶解活性が有意に上昇することを認め、納豆が血栓性疾患の予防に役立つことを示しました。
    出典 :納豆の効能
  •  

    納豆が体に良いことが実験で分かりました。

  • 医学的に見た納豆

  • 医学的には、納豆を食べても(胃酸で60%が死滅する上、)腸で消化されて分解されてしまうため、納豆から抽出されるナットウキナーゼという酵素が 血液中に入ることは無いんだそうです。つまり売られてる納豆を食べても血栓を溶かす効果はありませんとのことです。
    出典 :血栓を溶かすナットウキナーゼ
  •  

    ただ食べるだけでは血栓予防にはならないのが定説です。

  • 血栓予防以外にも効果があります

  • 血管壁に脂肪がついたぱあいでも、納豆を食べ続けますと、その脂肪が抜けやすくなるという傾向がみられます。納豆には、コレステロールを洗い流すリノール酸や〃さび止めのビタミン〃といわれるビタミンEもたっぷりだからです。
    出典 :脂肪を洗い流し、しなやかな血管づくり-納豆のおいしい食べ方
  •  

    しかし、血栓予防ではなく、血管内の脂肪を落とす成分も重要です。

  • 納豆は健康によいとされます。
    納豆に含まれるナットウキナーゼという成分が血液をサラサラにさせるという話があります。
    ナットウキナーゼとしての効果はきちんと証明されていますが、腸から消化されて血管に入るかどうかは異論もあり、一概にイエスノーはいえません。
    しかし、血管の脂肪を取り除く働きがまた別にあるので、納豆を食べることで血管を良くするというのはウソではなく重要なことといえます。