産後のトラブル!病気について

産後の体には、疲れがたまり、抵抗力も落ちています。
今回は産後の体によくあるトラブル、病気について
ご紹介したいと思います。

view772

お気に入り お気に入り0

お気に入りに追加

  • 産褥熱(さんじょくねつ)・・・

  • 産後2~3日たってから、急に38度以上の高熱が出て、
    2日以上続くことをいいます。分娩の際、
    子宮内や子宮頸管、膣についた傷に細菌が
    感染して起こります。
    以前は死に至ることもあるとして恐れられていた
    トラブルでした。

    今は、抗生物質の発達も著しく、重症になる
    ケースはほとんどなくなりました。細菌感染を防ぐためにも、
    悪露の手当ては清潔な状態で行います。
    清浄綿かきちんと清潔な綿で尿道口から肛門方向へふき取ります。

    出典 :出産後のトラブル [産後の基礎知識] All About
     

    昔は死に至る事もあったのですね・・・

  • 子宮復古不全(しきゅうふっこふぜん)・・・

  • 復古とは、もとの状態に戻ることをいいます。出産後、
    胎盤が娩出すると、子宮は直ちに収縮し、胎盤が
    剥離した部分の血管からの出血を防ごうとします。
    その後、子宮が収縮しながら妊娠前の状態に戻るには
    約6週間がかかります。これが子宮復古です。
    経過が正常であれば、産後1週問ぐらい赤褐色の
    状態が続き、次第に黄色、白色と変化し、
    1ヶ月後ごろには透明なおりもののようになります。

    ところが何らかの原因で、この復古のプロセスが
    妨げられる状態が子宮復古不全です。子宮は大きく、
    やや柔らかで、赤褐色の悪露が続いたりします。
    胎盤や卵膜の一部が残っている(胎盤遺残、卵膜遺残)ことも
    あり、子宮収縮剤が投与され経過をみることになるでしょう。
    稀ではありますが、産後1週間以降に、子宮がゆるみ
    大出血を起こすこともあります。その他、
    子宮内感染や子宮筋腫合併なども、子宮の収縮を妨げ、
    子宮復古不全の原因となります。
    出典 :出産後のトラブル [産後の基礎知識] All About
  •  

    出産したからといって

    安心はできませんね・・・

  • 会陰切開の縫合部の痛み・・・

  • 会陰切開や会陰裂傷の縫合部の痛みは産後1週間で
    かなり落ちついてきます。ただし、そのあと1カ月
    ぐらいは引きつれるような違和感をおぼえるかもしれません。
    違和感が残っている間は、排尿や排便に恐怖感をもつ人も
    いるかもしれませんが、いきんでも傷口が開いてくるような
    ことはないので心配いりません。必要であれば痛み止め、
    抗生物質が処方されて経過をみます。最近の縫合糸は
    溶ける糸がほとんどなので、基本的には抜糸の必要はありませんが、
    外陰部が腫れていたり、ひきつっていたりする場合は、
    抜糸をすることもあります。なお薬が処方されても、母乳はあげられます。
    出典 :出産後のトラブル [産後の基礎知識] All About
  • 便秘・痔・・・・・・

  • 産後、子宮が戻る過程で一時的に子宮が腸を圧迫する
    ために便秘になることがあります。会陰の傷が気になって
    しまうことも、それに拍車をかけるかもしれません。

    水分摂取と食事で改善するのがいちばんですが、
    ひどくならないうちに緩下剤を処方してもらってもいいでしょう。

    妊娠中から、子宮の圧迫で肛門周囲の血液循環が悪くなり、
    便秘傾向も重なり痔になりやすいのですが、さらに、
    お産でいきむことにより、痔が悪化する場合がよく見られます。
    難膏や座薬で対応することがほとんどですが、稀ですが
    痔の手術を受ける方もでてきます。
    患部を清潔にし、シャワーなどで温めながら、
    便秘がある場合は、便秘の解消も大切です。
    出典 :出産後のトラブル [産後の基礎知識] All About
  • Q、直接、母乳を飲んでくれないため、搾乳(さくにゅう)の
      しすぎで腱鞘炎になってしまいました。.

  • A、出産後に腱鞘炎を訴える人は多いものです。これは、
      時期が来るのを待つしかありません。
      赤ちゃんの世話をして、まるっきり手を使わないわけには
      いかないので、整形外科に行って診断を受けるか、
      電動式の搾乳器などもあるので、痛みの激しい期間は
      搾乳のやり方を変えてみてはいかがでしょうか。
    出典 :産後のトラブル - コンビタウン
     

    腱鞘炎になってしまう場合も

    あるのですね・・・

  • Q,出産後、子どもを抱っこしたり、体勢を
     変えたりすると尿漏れをしてしまいます

  • A,出産後には骨盤底筋群が緩むことが多く、
     尿道括約筋(かつやくきん)の力が弱くなり、
     尿漏れを起こしやすくなります。産褥体操を行うことに
     より、回復を早めることができるので、骨盤底筋群を
     締めるトレーニングを行うようにしましょう。
     まずトイレへ行きたくなったら、一度で尿をすべて出さずに
     途中でお腹に力を入れ、2〜3回尿を止めてみてください。

    こうすることで、筋肉を締めるコツが分かるはずです。
    この動きを日常生活でも取り入れて、骨盤底筋群を
    締めるようにすればしだいに尿漏れを起こすこともなくなります。
    寝る前と目覚めに30回ずつやってみてください。
    余裕があればさらに家事をしながらやってみるとよいでしょう
    出典 :産後のトラブル - コンビタウン
  • Q,出産後、抜け毛がひどく、洗髪する度に大量の毛が抜けてしまいます。

  • A,産後に抜け毛を訴える人は多いものです。
     妊娠や出産に伴い、ホルモンのバランスが崩れ、
     髪の毛が抜けてしまうようです。そもそも髪の毛は
     女性ホルモンの影響を受けているため、妊娠中に
     増えたホルモンが出産により減少し、その差が
     激しいために抜け毛という現象が発生するようです。
     でも、これは一時的なものなので、時期がくれば
     しだいに治まります。あまり心配すると、
     精神的作用からまた抜け毛を引き起こすことにもなりかねない
     ので、できるだけ気にしないことです。
    出典 :産後のトラブル - コンビタウン
     

    抜け毛は一時的な物なのですね!

  • Q,産後1カ月経つのですが、体重が元に戻りません。

  • A,出産してから1カ月で体重が元に戻らなくても心配いりません。
     半年くらいかけて徐々に戻ることができれば大丈夫です。
     ただし、食生活には注意が必要です。慣れない育児で
     疲労がたまってくると、つい甘いものに手を出してしまいがち。
     また、母乳で育てているとのどが渇くため、
     頻繁に水分がほしくなります。

    ジュースなど甘みを含んだ飲み物を飲んでいるなら、
    カロリーの低い飲み物に変えるなど工夫が大切です。
    母乳で育てている場合、脂肪は妊娠中に蓄えた自前の
    脂肪を使うため、授乳で一日850カロリー消費します。
    ミルクを使っている方は、授乳によって脂肪を消費する
    ことができませんので、食生活には特に注意が必要です。.
    出典 :産後のトラブル - コンビタウン
  •  

    出産後はあまり悩まず、リラックスした

    状態でいるほうが良いですね♪