症状・病気

女性特有の病気

「女性特有の病気」に関するまとめ一覧です。
女性特有の病気として、ライフスタイルの変化から最近増加しているものに、子宮内膜症、乳がん、子宮頚がんなどがあげられます。症状としては、子宮内膜症の場合は、月経時の経血量や痛みの増加、乳がんの場合は乳房部のしこりがあげられますが、子宮頚がんの場合は初期ですと自分で気付くことがないことがほとんどです。女性特有の病気の検診として行われているものに、乳がんと子宮頚がんがあります。初期の場合は自分で気づくことができなくても、早期発見が可能となり、発見された場合、早期に手術で治療することができます。普段から自分の体の調子に気を配り、女性特有の病気の早期発見につとめることが大切です。

女性特有の病気”のまとめ

1/57

人気トピックライター